人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良く歩いた二日間。




   今回も現場に行く途中どうにも眠く仮眠のハズが爆睡!

  次に目覚めると完全に夜が明けていた。

  まだ100キロ近く残していたので朝一は諦め安全運転で

  現場に到着。しかし現場の川は状態が悪く急遽川を変更!
a0203841_23020882.jpg
  前々から目を付けていた超々マイナー河川、地元にも

  忘れ去られた感の強い川を選択、かなり下流から車止め

  のチェーンが張られており歩きを覚悟する。
a0203841_23024333.jpg
  結果は中流域が一番反応が良く上流域は全く振るわず、恐らく

  集落の人間が車で奥まで入っている形跡があった。

  この辺はキノコ、山菜とも大変うるさく秋は釣りで入っても

  キノコ料金迄徴収されるそうでトラブルの多い地域だ。

  初めての川で8寸を頭に6匹と土砂降りの日としてはまあまあか?


  日曜は本命河川の感じが良さそうでお気に入りのポイントで

  尺上2本を含め6本とこちらもまあまあ。
a0203841_23034571.jpg

  お次は昨日より忘れ去られた感の強いK沢に入る事にする。
a0203841_23043819.jpg
  結果は28を頭に9匹と思った通り釣り人の入った感じが

  少なく、中流域よりいきなり反応が良くなる。
a0203841_23051164.jpg
  よほど物好きな釣り人でもない限り入らない川にしては

、 型が良く魚影があったのには驚かされ、してやったり的な

  勘が当たって満足、満足!

  日曜日の釣りは常日頃から引き出しを多く持ち先行者が

  多い場合、第二、第三の流れを用意しておくと慌てないで済む。
a0203841_23055868.jpg
  推定昨日が行き帰りで6キロ、今日が4キロ計10キロも

  歩いた疲れたが健康的な週末でした。

by saitamasunosuke | 2019-06-23 23:06 | Comments(2)

嵐の東北。



   この週末はさすがにお休みしようか~?考えましたが

  天気予報はハズれるものと信じいざ東北へ!
a0203841_20444959.jpg
  予報は見事に当たり雨風ゴーゴー!!

  風の止み間に何とか尺いっぽぉぉぉん!
a0203841_20425562.jpg
  夕方隣の川で八寸ヤマメをウェットで!
a0203841_20441246.jpg
  珍しく当たった天気予報に舌を巻いて早々帰ってまいりました!

  今年も東北は健在!健在!

by saitamasunosuke | 2019-06-16 20:46 | Comments(4)

見届けました。



    今週は勤務地が利根川の遥か下流にて参戦出来ず!

   今日早めに終わったので50キロ遡り今シーズン最後

   を見届けにM画伯もご一緒にイブニングを見張りましたが

   魚はもっと上に行っちゃった様です。

   ヒゲナガはまあまあ出てましたが、ライズ無し。

   画伯はまだ来ると言ってましたが!水温もマスには

   辛そうな位温かくまあダメでしょう~。

   二度目の寂しさを味わいましたが

   また来年ですな、利根川よサヨナラ〜。

by saitamasunosuke | 2019-06-06 23:04 | Comments(4)

今日は良さげですが!



  本日は2号です!

  夕方、車止めで久しぶりに会ったSUさんと話していると

  昨日、一昨日とその場で会ってるあんにゃろが

  SUさんと私の前を埃を上げながら

  車でドドドと車止めの先の藪まで突っ込んで行き

  仲間と慌てて川に下りて行きました。

  昨日の友は今日の敵!いやらしいフライマンの

  内情を垣間見た感じでした。

  私はちょっと気になっていたちょいと上の瀬でやりましたが

  オイカワの猛攻に会い本命感無しでした。

by saitamasunosuke | 2019-06-02 21:07 | Comments(4)

男心の未練でしょう〜♪




    どうにかもう一匹良い奴を釣りたいと今日も

   昨日と同じポイント。

   グランドマックスの1.5号を切らしていて2号か?

   はたまた1.2号かと選択を迫られアップでライズを狙う

   シチュエーションに昨日遭遇した為1.2号を選択!

   少しでもナチュラルに流したいが為にと、ここで

   完全なウエットマンで無い事が仇となる。

   結果は斜め45度にマドラーを流し、ティペットが伸び切った

   所で  ググッと、重量が有る鋭い当たり!   

   その途端フライは付いておらず

   合わせの為のラインは空を切った!

   そう此処でも向こう合わせとしては失敗!

   口が酸っぱくなる程、国分寺の先生が太糸を使えと

   本の中で解説していたのに、どうにもドライフライ

   を多用している者として細糸を選択してしまう傾向に有る。

   8番ロッドでフライラインが伸び切った所で魚が食い付いて

   1.2号では細すぎたのは当たり前の話。

   要は自信が無い証で先生の言う事をちゃんと聞いておけば!

   明日は2号でやりゃ〜しょう〜。

   

   

   

by saitamasunosuke | 2019-06-01 23:10 | Comments(2)