人気ブログランキング |

2016年 01月 31日 ( 1 )

そろそろ。






     いつの間にか、1月も終わりそうな週末は極寒のお天気、

    利根川にギターを持って出かけます。

    川面を見ながら車中で山崎ハコの織江の唄、ガロを数曲

    ツェッペリンの天国への階段などを弾き、スマホで録音

    再生しては、お~~そっくりやん!と自画自賛しながら

    暇を潰します。

    ここはライズポイントですが、この寒さ2時から5時まで

    見ていましたが、ライズは全く無し。

    その代わりミサゴと思われる中型の猛禽と小型のハヤブサっぽい

    鳥を見る事が出来ました。

    


    さて、家に帰れば最近始めたシーズンインに向けたタイイング

    ここ数年、CDCダンと同等かそれ以上出番の多いCDCカディス

    のブラックの量産が始まっています。

    去年の7割以上は黒のカディスだったと思います。

    実際出ているカディスは黒っぽいのは少なく薄茶やグレーが殆ど

    ですが魚の反応は非常に良く視認性バッチリと言う事も有りマズ結ぶ

    のがCDCカディス黒の16番!!カディスの出始めなら14番でもグッド。
a0203841_033294.jpg


    マッチザハッチの観点からすれば出ている虫に合わせるのがセオリーで

    しょうが、会社帰りにもう始まっているライズ会場になだれ込むには

    繋ぎっぱなしのロッド、乾く暇のないウェーダー、昨日のまんまの

    6Xのティペットにいつも結んであるのがこのCDCカディスといった具合です。

    去年は後半カディスの生産に睡眠時間を取られ眠い思いをしましたんで

    今年は万全にと今から量産開始!!
a0203841_041068.jpg


    14~18番で300本目標で巻きたいと思いますが、40UPも視野にいれた

    タイイングでは針選びも少々考えてオーソドックスなドライのフックで

    浮きや特に刺さりの良い細軸は避けています。

    まあ、そういう定番フックは特に高価では無く安売りしていたりと

    コストもかからず嬉しいです。

    もちろんバーブ付き、バーブレスで40UPと渡り合おうなどと

    ケツの穴は大きくありません。

    CDCはやはりトラウトハンターの大袋で惜しげもなくCDCの頭の

    部分を使い切った残りは一応取っておきますが、いつの間にか

    捨ててしまうのが殆ど!勿体ないとは思いつつ、CDCのファーを

    むしるのが面倒でうまい具合に利用出来ないでいました。

    去年、ヤフーオークションに使用済みCDC先っぽ無しと言うのが

    大袋で出ていましたが、アホな奴がいるもんだ思っていた矢先

    入札が入り売買成立!

    あんなもん出す奴もいれば買う奴もいるんだな~と感心していましたが

    ある時SIさんからCDCカディス、どうやって作ってる?と聞かれ

    ストークごと乗っけてブッツリ切って残りは捨てると言ったら

    そりゃ勿体ないと言われ、残りはどうするの?と聞き返したら

    残りはストークごと巻き巻きして両側に出たハミ毛をむしりまた

    使うと言う事でしたが専用のツールがあると言うのでSIさん家にお邪魔

    して見せて貰う事になりました。
a0203841_05382.jpg


    そのツールというのはボドキンの3本バージョンで針の間にストーク

    を挟みクルクル巻くと両脇にCDCのファーが束になるスグレモノ!
a0203841_062625.jpg


    最近、べら棒な値段のCDC用の洗濯バサミが売ってますが、アノ値段

    に反発!冗談じゃない!   いらん。
a0203841_073239.jpg


    それに比べこちらは良心的なお値段、半永久的に使える金属製。

    ただ、各社出しても良さそうなもんですがスミスのみ?でしょうか?

    地味なツールですがなかなか使え見つけたら買いだと思います。

    また在庫が無い場合、店に頼むのに、名前が分からん?のが玉にキズ。

    スミスのCDCをクルクル巻くやつ!!と身振り手振りで説明しないと

    注文出来そうにありません(笑)

    解禁まであとひと月、在庫の弾が気になりだす今日この頃です。

    
by saitamasunosuke | 2016-01-31 00:14 | Comments(6)