2011年 11月 22日 ( 1 )

TIM ZIETAK

実は日曜日どうにも我慢できなくなり、川辺のおっちゃんと
フックに行ってきました。
早く4角いロッドで釣ってみたい、公園で投げてるだけじゃー
やはりダメ。

本日は新進気鋭のビルダー、ティム ジータックのクワッドロッド!
スペックはと言うとやはり7feet 6inch ♯4 109g

a0203841_21445455.jpg


最初に手にとった感想はホント4番?という位カタイ!
製作者が4番と言えば4番なのだろうが、迷わずWF5で投げるが
ちょうどイイ感じ。
しかしヤマメだと40は欲しいところ、尺では持て余しそうである。
レインボーの多い川でのドライでやる時なんか良さそう〜
109gという重量も5番だと思えば別に問題ない重さだ。

a0203841_229583.jpg


仕様は濃いめのフレームに結構綺麗な塗装。
ストリッピングガイドは赤いメノウだろうか?
小振りで好感が持てる。
各ガイドはかなり細いタイプでブランクのごっつさとは対照的
大きめなリングのフックキーパーが備わる。

a0203841_22161910.jpg


グリップはシュローダーより太めで同じように先端が四角くシェイブ
されている。
リールシートは柔らか目な丸棒にポケット&リング、これがあまり
合うリールが無い。
厚めのフットだと全く無理、ハーディーでは入るものと入らない
物があるがもう少し考えてくれてもいい感じがするが?

それともう一つ心配なものがスタックである。
シュローダーの場合スパイラル風に4面ずらしてあるのに対し
2スタックとでも言うべきか?
節の反対側にも節があるのである、バット側のみならず
ティップの先まで同じなのだ。
まあ何と言っても大きいレインボーと一緒に撮った写真を何枚
か見かけているので実際は大丈夫なんだろう とは思うが・・・
ちょっと心配。

a0203841_2236690.jpg


投げた感じは6角と変わりは無い様に感じるがバットがあまり
曲がらない?曲げられないのだ やっぱカタイ。
この日は突風が吹き荒れる生憎の天気にバカの一つ覚えの
カメムシが付いていたせい?もあり綺麗なループはできなかった
が大型のマスならイケそう!
もちろん大型のイワナにも〜

a0203841_22514649.jpg


40弱のブラウンには余裕でした〜〜〜
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-11-22 22:57 | フライフィッシング | Comments(4)