Silky RWC 135




       Silky rwc 135とは何ぞや?と言うと

    岐阜県関市の丸章工業で作られている高性能ハサミだ。

    全長135ミリ、高圧縮冷間鍛造加工(よー分からんが)

    で作られた刃はステンレス製とはいえ天晴れな切れ味だ。

    何を切るかと言えば、本来パッチワーク用として、ちりめんや

    和紙などを鋭く切れると書いてある。

a0203841_1745262.jpg


    フライマンは、ちりめんは切らないので、代わりに獣毛を切る。

    数年前冬の修行としてマドラーミノーを200本作った時

    他のハサミとの違いが分かった!また虜になった!

    まだティムコのタングステンは登場する前、ネットで

    ゾーリンゲン製やフランス製、国内製を収集していたが

    フライのスレッドを切るだけではみな同じに思えた

    スレッド切りに限れば日本製の握りバサミなど結構

    イイ感じで使えた。

    しかしマドラーのヘッドの整形となるとハサミの良し悪し

    (向き不向きかも)が良く分った。


    ドイツ製は見た目は丈夫そうだが、繊細さに欠ける

    刃の厚みが有るものが多く、ディアヘアをハサミの

    前方に逃がし切った後一旦圧縮して飛び散ったディアヘアは

    バイスの回りに飛び散っていた。

    また指穴の小さいものが多く使いずらい。
a0203841_17471594.jpg


    さてこのシルキー名前の如く、何を切っても滑らかだが

    ディアヘアをカットするとその切れ味にオオッと声が漏れる。
a0203841_17541956.jpg


    計算された刃先は1ミリと薄く絶妙なかみ合わせも手伝い

    カットしたそばから、真下に落ちるその様は、快感とも

    言える切れ味だ!

a0203841_1755094.jpg


    ギシギシに巻いたマドラーヘッドは大雑把にカミソリ

    で整形しても良いがこのシルキーが有ればその過程も

    快感に変わり気持ちよくマドラーミノーを作れる事

    間違いなし。

    包丁に関しても、ゾーリンゲンのヘンケル等は過去の

    話、グリップの下に大きなヒルトがあり、非常に

    研ぎ難く切れ味も大した事はない。
a0203841_17553664.jpg


    やはり刃物もmade in japanがイチバン!
a0203841_17562345.jpg


    シルキーはそのサイズ、容姿、使い易さなど

    どれをとっても文句の付けどころがない。

 
    ティンセルなどは別なもので切れば相当長持ちしそうで

    もうこれ以外いらない、と思う。
    
[PR]
by saitamasunosuke | 2014-12-23 17:19 | Comments(0)


<< レア本3冊。 Peter Storm >>