阿賀川上流


  さて~土曜はギャルとのトークも弾み、いつもより
 張り切りすぎたので疲れて帰りは断念!道の駅 たじまで就寝。

 やはり、野釣りをしない事には1週間が始まらない!
 こんな時の為にとっておいた隠し沢で日曜は竿を出す。

 ロッドは柏山サマーズ734スペシャル!
 川のサイズに比べちょっとオーバーパワーに思えるが
 この川の太っちょヤマメにはこれで丁度イイ!

 殆どナメ底のこの川の水質はバツグンに良く下流の部落
 の簡易水道となっている。
a0203841_1859567.jpg

 薮蚊が少なくアブのピークも過ぎて落ち着いて釣りができる
 のが嬉しい。
MAGE|a0203841_1913927.jpg|201108/28/41/|mid|580|435#] 
a0203841_1971579.jpg

 7~8寸を5匹釣り満足、満足。
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-08-28 19:20 | Comments(8)

がんばっぺ!会津!

 
 土曜日は集中豪雨で川での集まりができなくなっていた為、
 南会津町にあるロストルアーズでバーベキューとあいなった。
a0203841_18121938.jpg

 
 会津名物フレッシュマトン!仲間が昨日釣り上げてきた柏崎産、剣先イカ!
 それとフレッシュギャル2人と豪華な催しとなった!
 なかでも水辺のギャルはタヌキかオバケと相場は決まっているが
 今日はモノホンであ~る。
a0203841_18241228.jpg

 集中豪雨で被災した名人と上手の御兄弟や、原発の被災者の
 鬼と巨匠も元気そうで何よりだった。
a0203841_18255882.jpg

今年の福島は踏んだり蹴ったりで大変だったと思いますが
一日も早く平常な生活に戻れます様お祈りいたしております。
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-08-28 18:32 | Comments(2)

初めての湯川

  先週は毎日が、味噌と醤油の純和風、侘び寂ワールドを官能
してしまったもので、今週はちょっとバター臭い釣りがしてみた
くなった。

かねてから、どんな釣りなのか?どういう所なのか?などなど
また、ブルックトラウトなるものを、写真に収めたく、何かの
のついでに位に思っていた。

奥日光という場所柄か?着て行く物はTシャツの上に襟の
着いたシャツがいいな、車も洗って先週の泥を落として~と。
何か自分には場違いで敷居が高い様に思え何時ものファンキー
な出で立ちではイケないのだ と気を使ってしまった。

現場に着くと、やはり東京ナンバーの外車と山ガールや川ガール
六本木辺りにいるギャルもいたが、みなタヌキではなさそうだ。
フライメンも清潔そのもの、さすが国立公園である。

a0203841_2325160.jpg


 湯滝から木道をテクテク下るが、何処も一杯だ!この辺なら?
と木道から降り、蛇行した見えない崖側に行くがお二人さんが
ロッドを振っていたり、ああっどーも なんて。

木の陰で静かにロッドを振っていると、下流からフライが飛んできて
逆にあら、どーも。なんて、雨も降っていたせいもあり、近くに人
が居ても気付かないのである。

小さめのフライを用意して行ったが、ヒゲナガが結構ハッチして
それにライズする魚もいた、パッチに付いていた大き目の
フラッタリングカディスが反応が良かった様だ。
 
ブルックトラウトは殆どイワナと同じ様な感じがしたが
引き方はこっちの方がシャープに思えた。
a0203841_23504755.jpg


今日はお山の温度計は最低で12度だったが、下界の茹だる様な
日にもう一度位来ても良いか?と思えた。

a0203841_2347452.jpg


   
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-08-20 23:51 | Comments(10)

東北釣行スペシャル 豪華7泊8日

 




ホ~リデイ オ~ ホリデイ~♪

かのミッシェルポルナレフの愛の休日である。
yamameboyさんが初めて買ったレコードがこれだったとか?

プッ!


秋田こまちのまだ青い稲穂の田んぼを窓を開け黒髪をたなびかせ
疾走していると、今年も夏休みが来たんだ~
あんな会社でもいて良かったと思えてきて、白い縁のサングラス
をかけて休日を楽しむポルナレフに自分が重なってしまった、ああ。

助手席にはブロンドの彼女が乗っていれば良いのだが、あいにく
8日分のパンツ、Tシャツ、靴下、後部座席もリールやフライボックス
が入ったバッグがパンパンに膨れて置いてあるので、旅先でもし
ロマンスがあっても、ギャルがヒッチハイクをしていても
乗せてあげられない状態なのである。
a0203841_15131326.jpg

妄想はこの位にして、9日間休みがあれば、北海道や海外も考え
られるが、自分はありったけのロッドとリールを積んで、川の
規模や気分でお道具を、取っかえ引っかえしながら釣りがしたい
のである、それも中部や北陸ではなく東北が良いのだ。
初日、11時に出発、ゆっくり東北道を北上する。

今日のイブはどこでやろうか?そうだ雫石水系のアソコにしよう
盛岡南インターを下りる頃は日は西に沈みかけていた。
完全に日が沈む前にポイントに到着する事ができた、一番
大きい淵の横でライズを待つ。
こんな山奥でイブニングする奴も居ないと思うのでさぞ良い思い
が出来ると思い熊やオバケの恐怖心も薄らいでいた。

7時をまわった頃からライズがはじまったが、アブも凄く
落ち着いて釣りが出来ない。
一つ8寸をとる、次のライズにフライを投げるが反応しない。
パッチに付いていた10番のマドラーを投げるとすぐ喰ってきた。
これが良く引きいきなり尺1寸のイワナだ。
この後もまだライズはあったが、さすがに怖くなり速足で斜面を
上り車まで戻った。
自分の思惑が的中したので満足だったが、写真が撮れなかったのが
悔やまれる。
一度盛岡まで下り、4号を北上、沼宮内で右に折れ夜のうちに
葛巻町に入る。


あくる朝この道に沿って流れる馬淵川の支流ではじめる。
a0203841_15173388.jpg
この川、魚影は濃いのだが居る場所と居ない場所でムラがある。

数年前は中流部で全くダメ!今年は上流部に入る事にする。
すぐにライズがありイワナと思っていたのにヤマメである、
それも8寸9寸と良型で居そうな場所からは殆ど反応があった。
a0203841_15185280.jpg


イワナをいれ20程釣り、顔と首筋を川の水で洗い、朝飯を食べ
川から上がったがこの辺の農家の殆どが牛を飼っていたのだ。
そういえば車を止めた場所も牧草地だった。
ひえ~~。

イブは本流の馬淵川でと決めていた。
4年前に来た時も日没まで魚っ気が全くなく、釣り上っても
何の反応もない。
相変わらずアブがうるさいが一番良さそうなトロ場の傍に座り日没を
待つ。
やはり7時過ぎ、小物のライズから始まり良型もライズをし始めた。
結果はイワナの9寸が一番大きく、ヤマメは8寸20程釣りこの日
は終了。

また夜のうちに安代に向かう。
安代と言えば安比川、この川特に釣れる訳ではないが、フラットで
フライ向き。しかい長いチャラ瀬がダラダラ続き距離を歩く割に
数が伸びない。一発大物を願って堰堤、深みを丁寧に流すが
8寸止まり。
a0203841_0204382.jpg

大岩の祠にお参りし水をいただき、つり橋を渡り戻る。
a0203841_15213445.jpg

IMAGE|a0203841_1411582.jpg|201108/14/41/|mid|580|435#]
昼から支流でイワナ釣り、前回と同じ場所から入るが、木が
なぎ倒されていて、クモの巣も手伝ってとても釣りどころではないが
何とか一つかけたがこれもヤマメだ。前回はみなイワナだったのに、
温暖化のせいなのか?

遅い昼メシで入った食堂で宮古や沿岸部に大雨警報が出ている
事を知った。
秋田に逃げよう!

分水嶺を超え秋田に入った。
K氏に電話を入れこれから向かう事をしらせた。
K氏には何本かロッドの修理とグリップの変更でお願いしてある、
サマーズ734マイルドテーパーのギャリソングリップを先の
細めのパンプキンに頼んでおいたのがどうなっているか楽しみだ。

イブはK氏と何か所か廻るがやはりいつものアソコに決定!
自分の提案でヤブコギはせず対岸の斜面を下り川を渡りポイント
に到着。
大汗をかかずに済んだのだが、いつになってもライズは始まらず
今回初めての完ボで終わる。
あのヤマメは何処に行ってしまったのだろう?

次ぐ日忘れられない一日。
いつもの有力コースからはじめるが、いきなり9寸!渇水で魚が
神経質になっているものと思っていたが、逆に浅い深いが
はっきりしていて、ポイントもわかりやすく遡行も楽ときている。
またすぐ9寸追加!このコースは人家の裏手を通してもらう感じ
で気が引けるが実績のある場所

どだ~~釣れたきゃ~~!

後ろから声がかかる.
あ、またあのじっちゃんだ。オラこの前ここで60センチのニジマス
を手で捕まえたんだど~ と来る度、人が通る度話して聞かせる
ので結構有名人である。その記事は新聞にも載って皆知っている。

いつまで経っても話が終わらないので釣りを始めるがもう一つ
8寸追加!ホントに釣れるんじゃな~とブツブツ言って帰っていった。

その上の淵の流れ込みでライズ発見、ちぎっては投げちぎっては投げ
その模様は渋谷センセか岩井センセになった様な気がして楽しいの
何のって、バラシが全く無いのにも驚いた。
結局尺は出なかったものの9寸2本8寸8本と楽しい楽しい
釣りができた、8月だというのに信じられない。
a0203841_16171260.jpg

a0203841_16203275.jpg

車に戻り休んでいるとK氏から電話が入り、支流にイワナを釣りに行こうと
言う事になった。
谷に下りる前、爆弾塩むすびと家で採れたというキューリをご馳走になる
アメリカならサンドウイッチなのだろうが、これでいいのだ。
柔らかく握った秋田こまちは美味しかった~
a0203841_15311854.jpg

こちらが、みちのくのアロナー柏山氏である。
専業のバンブーロッドメーカーでアクション、仕上がりのセンスはピカイチ!
仕事への真摯な態度もうかがえる。
細かい仕様などにも相談にのってくれる、考えていた方は
1本如何でしょうか?
最初は反応が無かった支流も釣り上って行くうち居そうなポイント
から良型が釣れる様になったが、アブの猛攻に退散。
a0203841_1541487.jpg

イブは柏山氏推薦のポイント!
長い瀬が続く開けた場所だ、明るいうち柏山氏が良いのを釣るも後が続かず
結局イブもパッとせず終了。

あくる朝、昨日の上流のポイントで2匹目のドジョウを狙うも
そんなに甘くは無く8寸を2匹釣った後、日も高くなった9時半
ヤナギの下を流すと、30センチ程前方にフライを迎えに来る
格好で襲いかかったヤマメは9寸!
シムローをキュンキュンさせてやっとネットにおさまった。
a0203841_15525170.jpg

その夜から風雨が強くなりみるみるうちに川は濁流になり
いつものラーメン屋で天気に文句を言いつつこの川を後にした。

次ぐ日最初の雫石まで戻るが、あの穏やかな清流は怒涛の様に
荒れ狂い沢内村に逃れる。
和賀川の支流でいくつか出たが何かイマイチだ。
少々下ると 真昼温泉の看板。
こういうのが良いんだよね~昼下がりの真昼温泉は誰も居ず
のんびり入る事ができた。
a0203841_163485.jpg

夕方にになり温泉の横を流れる本内川を釣り上る。
ナメ底のこの川の水は19度。
イワナは居なさそうだが、ヤマメならなんとかなるか?
始めるとすぐ28の綺麗なヤマメだしかし後が全く続かずこの日
はおしまい。
a0203841_16141083.jpg

その夜一気に子吉まで下るが増水で先行者もあり
松の木峠を越え雄勝町へ、この町は雄物川の上流部で有名な役内川も
流れている。
yamameboyさんに電話で状況を教えてもらうが、透明度や名人に
叩かれているのでかなり難しいとの見解だ。
では本流はさけ水量が無く人がヤラなさそうな支流を選ぶ。
しばらくやるが無反応、魚影薄くない?この川?
どうにか7寸2本を出し完ボはま逃れた。

お昼は秋の宮温泉の中の食堂でラーメン350円とかつ丼550円を
いただく。
元気なじいちゃん、ばあちゃんで切り盛りしていたが、出前が忙しい
らしい。味はともかくこの値段は凄い。

さてイブである。
名人はイブはやらないらしいが、よそ者はそんな事は言ってられない、
ここぞと思う大場所で迎える事にした。
案の定7時過ぎからライズが始まり尺超えが食いつくも
ハズレ、次は合わせ切れという失態を2回もしてしまった。
言い訳も有るのだが、今まで一番凄い量のアブに襲われ、出ている
部分すべてをかじられる始末!アブには慣れている自分もこれには
まいった。

また夜のうちに13号線を南下、山形は飯豊の北面まできた。
最終日やろうと思っていた玉川は水が流れておらず、超渇水気味
東北でも上と下ではこうも違うもんだと思った。
東北道が混み始めているらしい、早めに帰ろう~

飯豊町の手の子の駅の近くに いわはなや と言う食堂がある
何を食べても美味しいが、自分のオススメはモツ炒め定食だ
もう釣りは充分だったがこれ目当てに来たといっても良い位だ。
昼時はめちゃ混む。
a0203841_1651914.jpg

2000キロを走り贅沢な釣り旅が終わろうとしている。
また月曜からはイヤ~な毎日が待っていると思うと
帰りたくもなくなるが まぁ 仕方あるまい。
クエッ!クエッ!
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-08-14 17:08 | Comments(9)

 東北釣行 3

a0203841_19413924.jpg
  今週は血圧の薬を貰ってからの出発で現地に頑張っても
午後着になってしまう、その時間に着いたところでやる事
は無いので、のんびり景色を見ながらの道中となった。

途中ヤマメが最近釣れているという川に引っかかりクモの巣
を避けながら5匹程仕留め満足し目的地に向かう。

5時半着、土曜日にしては人気は余りなく静かだ、水面に
目をやると水量が丁度良さそうで、イブニングに期待が持て
そうだ。
根拠は無いが、何かウハウハのイブが起こりそうだと仲間の
K氏に電話をすつと、俺もそんな気がするから今すぐ行くと言う
途中、Tちゃんにも業務連絡を入れてもらった。
残念ながら長老は用事があってお休み。
皆集まりかくかく配置に着いた。

自分は一番上流、すぐにライズが
あり10番のCDCカディスを
投げるとあっさり出てフッキング!
尺ちょいの引き頃サイズ、7フィート4インチ5番のs,riverは
綺麗な曲がりを見せている。
このロッドはかつてこの川で58センチのレインボーもキャッチ
しているロッドなのでまだまだ余裕がある。
この後、まだ明るいうち同サイズを2匹追加、鼻息が荒くなりかけた
が気持ちを落ち着かせ本命のイブニングに備える。

プレイブが終わると予想通り水面をヒゲナガが泳ぎはじめた。
それに伴いライズが始まったがライズリングは小さく音も静か
魚が小さいのか?
下流でドボーン重量感のあるライズだ、
ダウンクロス気味にフライを流すとググッと重い感触!
結構な力だ、40後半か?近くに寄ってはいるが姿が見えない
5分もしただろうか、やっと姿を見せた魚体はそれほど大きく
見えなかったがネットを差し出し入れようとするが渓流用のネット
には頭しか入らない!
その状態で岸まで引っ張ってきてやっとズリ上げた。
メジャーを当てると52センチもあった!
その後小さいライズも捕ったが魚はこりゃまた大きく50センチ!
もう一つ追加の計6匹の大漁と大物に腕も痛くなるほど!
贅沢な痛さである。

下流でやってたKさんも40を頭に7本!Tちゃんはリールで
止められない程の大物を痛恨のバラシ!

日曜のモーニングは余裕の7Xの細仕掛けだ、ミッジで尺2本を追加
して納竿となった。

遅ればせながら今年もウハウハが始まる・・・
役者やのう~~~。
a0203841_19422284.jpg

[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-07-24 19:47 | Comments(10)