39DF-3風





ひきこもりも3ヶ月目に入ろうとしている、
 今ごろが一番辛い時期で、2月ともなれば解禁の声を聞く地域も
 出てくるが名ばかりの解禁で雪の中カンジキを履いて氷点下の川で
 ミッジなどやりたくないし~
 こういう時は悪さをする。

 5年前にオッチャンがラブリーリードのレナード39の数値で作った
 3番。本当は4番なのだが2インチ長くして7feet8inchにしたところ
 ティップが弱くなったのでそのままの長さでティップだけ作り直して
 貰ったブランクだ。
 

 普通、釣り上りでは不意の大物に備え4番を多く使っているが、
 利根川の解禁時期はどうみても18センチ~23センチ位の銀毛が多いので、
 思い切って3番で繊細な仕掛けで楽しんでいる。
 一度風でも吹き始めれば5番だろうが3番だろうが釣りにはならない
 のだから。
 
 
a0203841_18273165.jpg


 前に付いていたグリップとリールシートはそのまま残し、カタカタ
 音のが気になる古いフェルールを新品のハリキと交換。

a0203841_19443842.jpg

 ガイドを全部外し、古い塗装をスクレーパーと紙ヤスリとスチール
 ウールでこそげ落とし裸の状態にした。

 さて、そこからまた元の様にするのも面白くない。
 この間入手した、マックスウェル風にしてみよう。
 マックスウェル風といっても巻きやディッピングの塗装など
 真似できるハズもなく、文字から。(これも達筆なマックスウェルに
 似させるハズもなく)パッと見だけでもと水性のペンで何ども
 ブランクに数字を入れ7回目でこんなもんか?と423と自分の
 誕生日を入れる。

 
a0203841_1846687.jpg


 ゴッサマーのシルクスレッドを使用したが、普通のナイロンの方が
 綺麗に透ける様に思えた。
 反対側の面は架空のモデル、39の場合は4番なのだが、3番の
 39DF-3である。
 これもDFシリーズは金具は黒染、チェック付き、と細かくは違う、
 どちらかと言えばキャッツキルシリーズに似てる様な?と本人は
 思いたい。

 
a0203841_1855743.jpg


  問題は塗装。
 塗料は前、何回かリールシートの塗装に使ったワシンの
 木彫りオイルにしよう。
 なかなか扱ってる店が少なく4件目のホームセンターで購入、
 筆は良く言うパンスト。
 マズイッ!どこに行けば売ってるのだろう?
 ひもパンや透け透け下着の横に並べてあるのは買いづらいな~
 と思って少し考えたのだが、そうか100円ショップにあるかも~?
 あった~(#^.^#) 良かった。

 この塗装が非常に難しく、部屋の中が低温と言うこともあり
 乾かず垂れるしホコリは付くしムラにはなるし何度も表面を
 磨いていると今度はせっかくの角が丸くなってきた。

 もう布団タタキにしてしまおうと思った5回目、まあまあの塗り
 になる。
 リビング兼 工房はシンナーと塗料の削りカスとで
 空気が非常に悪い。
 ゲボゲボ。
 早くおんもで遊びたい~

 
a0203841_20222020.jpg




 
[PR]
# by saitamasunosuke | 2012-01-28 19:46 | Comments(7)

Leonard 40M-5



   ある師走の忙しない日の昼休み
   ボブマーリーの着メロ♪が流れた。

    
   どもです~ どうですか調子は~?
   フムフムフム フム フッ・・・
   な、何ですと~!(;゚Д゚)!
   
   電話の相手は目白の巨匠だ、
   アメリカが大変な事になってる!

   アメリカのとある場所に新旧入り乱れた竹竿が集結
   しているらしい。
   質、量とも今だかつて無い程の規模で
   目白の巨匠もレレレレレナードがこんなに一杯!
   ペペペペペッペインもこんなに~!
   ヤヤヤング!トットットーマスも!
   かなり興奮してる状態だ、

   自分はこの冬クワッドを2本入手している、

   銘品のリストの中に、このロッドで尺5寸のヤマメの
   2ショットを撮れたらカッコイイだろな~と思う物
   があったがそんなきりもなくメリケンの竹竿が買える
   ハズもなく半分他人事に思えていた。

   というか本気にならない様に気持ちを抑えていたと
   言うのが本音だろう。
   
   もしこんな状態でこれに手を出したら・・・
   白い粉同様、身を滅ぼす事は分かっているが、
   
   巨匠もめぼしい物が2~3あった様だが既に
   皆デリバリーされた後だったので、今回は見送った様だ。

   しかし一度はアメリカに何か欲しいと言う意思を示して
   いたので先方はあれや、これやと銘品のディテール画像
   を送ってくる。
   巨匠も一度乗りかかった船、何か気に入った物があれば
   頼んであげてもいいよ~(^。^)y-.。o○と、
   悪魔にも似た囁き・・

   ポロッと自分の口から出たレナードの品名を巨匠が
   先方に告げたところ、まだ残っていると言う返事が
   帰ってきた。



   んな~、無理ですよ~ さすがに~ マズイですよ~
   2本買ってるんですよ~ ごれじゃーご飯抜きですよ~
   そりゃ法に触れますよ~ マァ~、そんな事いけないわ~

   その分一生懸命仕事をすればですか~?
   え~1年頑張った自分へのご褒美に~?
   勢いで行っちゃえ~でっか~?

   お願いしまぁーす。ヽ(*´∀`)ノ

a0203841_22385013.jpg

   
a0203841_22403816.jpg

   
a0203841_2331381.jpg
   

 2011年も押し迫った、31日巨匠から届いたよ~
 と電話があり、居ても立ってもいられず、関越を
 ひた走り目白までお迎いに上がり、帰宅後、除夜の鐘
 を聞きながら撫でクリまわしたまま新年を迎えました。

 俗に言うところのmaxwell leonard まさか我が家にやって
 来るとは!
 一般的にこの頃のレナードは強めのアクションと言われてる
 様ですが、M-40と言うこのタイプは適度な張りの中に
 しなやかさを持ったアクションでとても好感が持てます。
 Mー40のMは、ミディアムの略だとか、
 ギリギリの長さしかないリールシート、華奢なグリップ
 スレッドの中に書かれたシリアルなど、心憎い演出が
 そこかしこに見受けられ、これがmaxwellなんだと実感
 させられました。    
 
 さて、一夜明けた元旦。
 

 謹賀新年

 おめでとうございます。
 本年も宜しくお願いいたします。


 キャス練会場には、スカジットの鬼と恐れられている
 S氏がもう練習をしていて、新年の挨拶もそこそこに
 え~例のやつ来たの~って。
 早速振っていただきました。
  

a0203841_23575851.jpg

 投げやすい。とコメントをいただきました。

 そうでしょう~、そうでしょう~、
[PR]
# by saitamasunosuke | 2012-01-02 00:09 | フライフィッシング | Comments(12)

銀毛ヤマメの季節

   
  ひきこもりも飽きて川でも見に行くか~

   とは言え、今は禁漁のさなか竿など持たずに出かけます。

  来年の春の獲物の様子を見に利根川の河口より1△△キロ
  地点を偵察。

  ライズが有ればお昼過ぎあたりだろうか?

  日本海側は大雪、浅間山方面から雪雲がこちらに伸びていて
  風が強い。

  気温6度 水温5度 うっぷ~~寒い~
  
  
a0203841_1943589.jpg


  風裏の吹き溜まりには何世代目かのカゲロウのダンがたくさん
  流れついていましたがどれも♯20位でユスリカサイズでした。

  流れの中も相当な数が流れていましたがライズは見つけられま
  せんでした。
   
  
a0203841_19574856.jpg


  11月に結構目撃されていましたが、海に下る魚は長居はしない
  様です。
  夏から秋の大水で流れが大分かわりましたが、底石にはコケ
  も生えていて水棲昆虫も結構いたのでひとまず安心しました、
  ここ2年不漁と言う事もあり来年こそはと期待を膨らませる
  この頃です。
  
  
  
a0203841_20441415.jpg

                   去年の魚
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-12-25 20:53 | Comments(10)

なか二日の加賀です

  

   私のdonと呼ばせてください〜い〜い
   私の私のdonと呼ばせてください ♪

a0203841_19291937.jpg


  今日も四角いドンさんです。

 やはり、近い管釣りというのはイイもんです。
利根川を渡り、渡良瀬を渡り、カントリーロードを
まっつぐ行くだけで老舗の管釣りです。

また入口で、23日も来たんだけど、結構魚入ってるんね〜
と言うと、愛想のイイおじさんが、がっぽり放してるからね~
大会も結構やってるし、イロイロ入ってるよ~だって。

確かにイワナが凄い、岸際で群れをなしてユスリカにライズ
してるのは全部イワナだ~それに結構綺麗。

ニジも小~良い型まで、尾っぽもあるし、何も言うことは
ありません。

a0203841_19523418.jpg


しかし釣りの方はというと、これが難しい!
昼間はアントで結構釣れるんですが、3時すぎになりカディス
が出始めると前回と同じアントは全く無視され、ほとんど飛んでる
カディスしか食わなくなっちゃうんです。
昼間、小さいピューパを引っぱっても良かったのに、恥ずかしながら
4時から5時はゼロでした~
やっぱ今度はミッジを持って行かないと!

a0203841_2043266.jpg


山に日が隠れる頃、ふと横を見ると晩飯にありつこうと
思っていたのか、大きいヘロンのコンプリートが遠くを
見ておりました。何か物憂げな表情をしておりましたが
マスが大き過ぎると思ったのか西の空に飛んで行って
しまいました。
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-11-26 20:11 | Comments(8)

 久しぶりの加賀です

 
  シュローダーで釣ってみたく、一番近い菅釣りで竿おろしです。
いくらなんでも野池でギルだと可哀想なんでニジマスでもと、
情報では20日に1号池でトラキンの大会が行われ、相当放流
された模様!
目玉はイトウだそうですが、ドライの対象じゃないすぃ〜
他はイワナ、ギンザケと今だかつてない奮発ぶり!

a0203841_202586.jpg


入口で聞くと、1号池は魚は多いがスレ気味だとか?
んじゃー3号池でのんびりと釣ろうか?

はなから、ミッジなどは持って来なくて、カメ、とアリとPP
のみ!
かなりナメたフライしか持って行かなかったのだが、
カメはここじゃー全く効き目無し。

良かったのがフォームの14番と16番のアント!

昼間、ポツポツと釣れていたのでもう少し夕方になってから
写真を撮ろうと思っていたら、カディスが水面を飛び始めた。
すると一斉に飛んでるカディスにジャンプしながら食い始め、
それが暫く続きアントは成すすべもなく無視され続けやがて日は
山に隠れ、ええっこれで終わり?
と思った4時半過ぎいくつか釣れて写真が撮れたのである。

a0203841_19381874.jpg


シュローダーはなかなか扱いやすく、尺クラスのニジで十分な
曲がりを見せてくれた。
アクションは今風のプログレッシブとでも言おうか、
ティップからバットにじわ〜っと重さが乗って来て、楽しく
好感がもてる。

今日のは単なる竿おろし。

入魂は来春の利根川で尺ヤマメといきたいところ。クエッ!クエッ!
[PR]
# by saitamasunosuke | 2011-11-23 20:07 | Comments(10)