<   2017年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

また雨にやられた~グスン。




   もうやめてくれい~

  ここんところ台風より始末の悪い梅雨前線~秋雨前線。

  東北だけではないが、渓流に行くとあちらこちらで護岸は崩れ

  底はフラットになり間違いなく魚が減った。

  お気に入りの川も数年前コテンパンにやっつけられて、最近復活の兆し

  が見えて来た所で、上流の山が崩れ粘土質の川底になり、下流は平水でも

  白濁した流れになってしまった。

  先週も準備は整っていたものの、寸前で断念~

  今週は現地に様子を聞いて見るがもしかしたら出来るかも?しれない

  程度の返事が返って来た。

  ダメもとで金曜の夜に出発!現場に着き車で仮眠をしていると

  屋根を叩く大粒の雨に起こされた!あ~ゆっくり車で寝て

  帰るべぇ~と日が高くなるまでお休み。

  目が覚めれば川はコーヒー色!

  あぁ~あ、と少し考えて、ちょっと沢でも覗くか?

  といつもの沢を見に行けば山の灰汁は多めなれど水量ベスト

  でちょっと上ると、ベストと思っていた水量も少々多めで

  フライを流すところが少なくなっていた!

  それでも8寸と7寸のネイティブが出てくれてボーズはま逃れた。
a0203841_21321518.jpg
  この沢と同等の流れがあるのを思い出しそちらもやる事にする。

  車で10程で隣町に入る寸前で渡る沢だが一本目の沢と対照的で

  河原は開けフライ向き!奥も比較的長く1キロ程か?

上ってしまった。
a0203841_21330213.jpg
  特に魚影は濃くはないが小物を含め6つと探釣としてはまあまあ。

  夕方また違う川で一本と拾い釣りで何となく釣らしい事が出来た。

a0203841_21334088.jpg
  二日目本命の川はどうにか濁りも取れヤマメを含め3つと

  トホホな結果だったが、ボーズも覚悟した今週の釣行!

  9月に期待しましょうかぁ~?

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-27 21:28 | Comments(0)

8月11日 7日目。




     さあ、そろそろ息切れしてきた7日目。

   いつものあそこへ!夜を徹し車を走らせる。

   どうにか夜明け前に到着し少し休もうとすると前方に車が停まり

   まだうす暗いのに身支度を始めている奴がいる!

   にゃろ~、と思いヘッドライトで照らせば 何と竿屋の社長~

   な~んだ、帰国してたのね~

   このポイントがいいのよね~と やる気満々!!

   自分はただ休んでいただけなので、何処でもよかったが

   ここでロッドを出す事にする。

   そのうち重鎮もお見えになり、オラも入って良いかぁ~?

   と三人で上流、中流、下流と始めるがどうもアタリが無い!

   そのうち便意をもよおし急いで公衆トイレへ~

   用を足すとさっきのポイントには戻らず、〇○屋の前のお気に入り

   ポイントを覗く!案の定ライズしているので、ライトな3番とミッジ

   の入った箱を持ち土手を下りる。

   明るい曇り空で昼近くまでダラダラと続くライズが面白い。

   だんだんライズリングは小さくなり探すのがむずかしくなる。

   20番にも出にくくなり最後の方は28番8xでどうにか?

   という感じ。
a0203841_21045546.jpg
   結局17匹と大漁だったが尺物は出なかったなぁ~


   土手に上がると竿屋の社長が丁度やってきたが、結構数、型とも

   出たようだ!

   昼食をとり、最近社長が制作したディッカーソン8f4番の試し振りで

   公園の芝生へ!!
a0203841_21082594.jpg
   そのうち重鎮もおいでになり、楽しいキャスティング大会となった。
a0203841_21065860.jpg
a0203841_21073626.jpg
   まだまだ釣り足りなかったのだが、明日はちょっと会社に行かなくては

   ならない、後ろ髪を引かれつつお二人さんに挨拶をして別れた。

   今日は殆ど睡眠をとっていないので、眠くなったらどこでも寝ちゃおう~と

   帰路についた。

   今年も1900キロを走り色々東北の川を見てきたが、何処の川も多かれ

   少なかれ水害を被っており10年前に比べると明らかに魚の少なくなった川ばかり。

   毎年の様に起こる梅雨前線での大雨は台風より被害をもたらす存在になって

   しまった様に思える。

   これから渓流釣りはどうなってしまうのかが?非常に心配~~。

   

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-11 20:54 | Comments(6)

8月10日 6日目。




   4時に起床~  あねっこ雫石のトイレは大きいし綺麗で気に入っている

   出すものを出し、歯を磨き、体制を万全にする。

   行きに調子の良かったあの川が今日の狙いの川だが、車止めについてみれば

   先行者は居ない模様、しかし霧雨が降り薄暗い奥山ははっきり言って 怖い!

   熊スプレーはあるものの、背後から不意打ちを食らわされたら?とか?

   少々心細くなるがそこはキチガイ足回りをビシッと締め上げ土手を下りる。
a0203841_19153579.jpg
   早朝だからなのか?イワナの反応は悪い!この間はジャンプまでして食らい付いた

   のがウソのように一級ポイントは静まり返っている。

   しかし時間が経つにつれ反応は良くなり、各ポイントからは8寸程のイワナが

   顔を見せる様になる。
a0203841_19170378.jpg
a0203841_19175181.jpg
   適当にスレている様で針掛かりが良くないのと、直前で見切ってUターンする

   魚が目立つ!しかし魚は多いので10時間ゆっくり上り20匹を釣ったところで

   引き返す。まだまだ出そうだが、道の無い川。川通しで帰るのは非常に辛いので

   止めるタイミングが難しい。
a0203841_19183307.jpg
   後は麓の温泉にゆっくり浸かり疲れをとった。
a0203841_21185820.jpg
   そろそろ南下せねば。

   

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-10 19:12 | Comments(0)

8月9日 5日目。




   早朝5時,公園裏から釣り上る、このコースはこの川での

  自分の一番のお気に入りのコースだ。町の中でありながら、激しい

  ブッシュの為、道からも川の様子は見えないし川の中に入っていると

  レストランやホテルの真ん前なのに、山の中に居るように感じる面白い

  区間だ!
a0203841_18190659.jpg
  おまけにこの200m位の区間に9寸強を頭に10匹程釣った経験もある

  美味しい流れ。

  しかし去年も2~3匹とパッとせず、今年はどうかと言えば8寸強一つと

  泣きたくなるような結果だった。
a0203841_18365649.jpg
  この川もご多分に漏れず毎年大水が出る様になってしまい、あちらこちら

  で工事をやってる風景に出くわす。

  もう他のポイントも期待が出来ないので、いつものラーメン屋に顔を出す。

  この店の店主はキノコや山菜などを採るのが趣味で熊情報に詳しいので

  今年の状況などで話が盛り上がり、そのまま帰りの挨拶も済ませた。

  今度は数年振りにカシヤマロッドにも遊びに行き川の様子を聞こうと

  思ったが殆ど釣りはしていないとの事、地元は淡泊だねぇ~い。

  そこから2キロ程下流の堰堤の下にヤマメが溜まっているらしいと

  情報を貰ったが、生憎台風による本降りの雨!
a0203841_18221410.jpg
  川がダメな時は移動と決めているので濃霧の八幡平を超えまたまた雫石へ!

  あねっこ雫石で温泉に浸かりそのまま就寝。

  

  

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-09 18:13 | Comments(4)

8月8日 4日目。

  


     早朝に秋田方面に移動。

  秋田方面だがまだ岩手で米代川上流の大支流だ!

  集落内の雑貨屋で釣り券500円を購入がてら熊情報を入手

  居る事は間違いないがまぁ~大丈夫でしょう~との事

  橋の袂から始めるが、転石が多い。

  ここも数年前の大水で護岸は崩れ大岩ゴロゴロと荒れ放題の様相

  だが、去年ちょこっと寄ったおり、短時間でまあまあの釣果があったので

  今年は、朝からみっちりやってみるが、今年もちょっと前大水があった

  そうで道が崩落、護岸もいたるところで崩れていた。
a0203841_21140172.jpg
  結局8時間以上上って良型ヤマメ5匹とトホホな結果、途中舐め底の支流を

  上ってみるがことごとく逃げられる、それも逃げるイワナがデカイ!
a0203841_21214342.jpg
  尺上がウヨウヨ、出ればデカイと思い通らずの滝まで上ったがバラシ2回のみ

  悲しい結果になってしまった。
a0203841_21100786.jpg
  夕方は新潟沖まで迫っていた台風の風の為釣りは諦め秋田の川へ!

  途中、温泉で汗を流し町中の公園の駐車場で就寝。

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-08 21:14 | Comments(0)

8月7日 3日目。




     夜のうちに北緯40°に移動、いつもの橋からはじめるが

   この川も度重なる大水でだいぶ川の様子が変わった。
a0203841_21282360.jpg
   入ってすぐ、魚の反応があると思っていたがしばらく無反応

   暫く上りやっと反応がよくなり、8時間ゆっくり釣り上がり

   8寸を頭に15匹程釣ったが本調子ではないし、サイズも一回り小さい。
a0203841_21272036.jpg
   昼間のうちに温泉に入りに行く。

   温泉に入っていた地元のおっちゃんに熊の情報を聞いてみると

   今年は例年より目撃例が多く明日やろうとしていた久慈川上流域は

   特に多いと言う。

   なので久慈川上流は止めて北緯40°の本流の町外れでイブニング。

   6時半を過ぎるとライズが対岸のヨレ近くではじまり入れ食い~

   一つヤマメの9寸の良型が掛かり3番を絞りこんだ!
a0203841_20152497.jpg
   魚影はハンパではないがまだこの川で尺はお目にかかってない。

   

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-07 20:16 | Comments(0)

8月6日 2日目。




   昨日のポイントで早朝から見張るもライズは単発!

  昨日叩き過ぎたのか?

  そのうち太陽がジリジリと顔を出し、全く釣れる気がしません。

  10時にはもう見切りを付けて北上です。

  幸か不幸か台風の影響は無い様で天気は快晴~

  山形から七ヶ宿を抜け再度東北道に乗る。

  午前中から移動を始めるももう日は傾きアクセルを多めに踏んづけると

  後ろから更に早いワンボックスが!

  左に道を譲れば、恐らく160キロ程で自分の車を抜かして行った!

  するとまたその後をシルバーのクラウンが追い越す!

  はて?なんか変?もしかして覆面?遥か彼方の黒いワンボックスを

  目で追っていると、後続のクラウンのてっぺんから赤灯がヒョロリ~

  まんまと黒いワンボックスは御用とあいなりました~

  わたくしはゴールド免許でしたが、命拾いしました~

  あやつは免停間違いなし、アーメン・・・


  ポイントに着くと大宮ナンバーの先行者が帰り支度をしており

  他人の後はイヤだなぁ~と思いながら、しかしもう時間は無い

  ので車止め下からすぐ始めると、何と短時間で8寸アベレージで5本

  も出ちゃたよ~ん。
a0203841_17350623.jpg
  本当は車止め直下の淵でイブニングをやろうと思っていたが

  度重なる大水で淵は消滅、早めに切り上げ麓の温泉に入ろうと

  山道を下っていると、目の前を何か横切った!

  左の藪に逃げ込んだのは黒くてツヤツヤしたでかいケツ!

  熊の野郎もう出やがった~さすが雫石。

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-06 17:35 | Comments(0)

夏休みスペシャル!車中泊、6泊7日みっちりの旅!!



   今年も最大イベント、夏休みスペシャルデーがやってまいりました

  出発の4日夜時点でノロノロ台風はまだ鹿児島の南海上にあり、本州を

  縦断するのか、日本海に貫けるのか?色々なコースが予想されましたが

  まあ、行ってから考えるとして、未明には東北道へ!

  途中小雨が降り出し心配させましたが、明け方一本目の川に着けば釣り日和

  な曇り、たまに小雨が降る8月にしては涼しい状況です。
a0203841_15571478.jpg
  はじめは上流域に入りストリーマーを流しますが、アタリ無く

  一時間後どうにか9寸をゲットしましたが、この天気にしてはライズが

  少ないと思い下流域に移動、土手を下りればやっぱり!あちこちでライズ

  をしており、ドライ用のロッドに持ち替え開始。

  18番ではイマイチ反応が悪く22番まで落とすといきなり反応がよくなり

  11時頃までに8匹ゲットすることができました。

  最後の方で36センチも混じり好調な滑り出しで満足です!
a0203841_15551993.jpg
  午後からは前からの懸案だった八木沢の攻略!アソコには居る!!

  と踏んで、行ける所まで行ってみようと水と食料をもち最下流部から

  入渓!!

  今回の水量は前回の6割程度か?岩の間を流れる水はかなり細く

  少々不安になりましたが、案の定魚は神経質になってる様で前回上った

  場所までで7寸が一匹と振るいません。

  此処からは初めての区間、岩を一つ乗り越えると8畳ほどの淵が現れ

  良く見ればイワナがひーふーみーよーと泳いでいるのが見えましたが

  一匹は尺を優に超えるサイズでビックリ心臓が飛び出しそうになりましたが

  何となくもう感づかれている居る感じ?何度キャストしても知らんふり

  身を低くかがめていたのを止め立ち上がるとイワナ達はビックリして

  右往左往、尺イワナがこちらに向かって突進して岩の裂け目に身を寄せて

  いましたが、33~34センチは有りそうです~下から差したんでしょうか~?

  その上流には堰堤がそびえ、何故かその上には全く魚影が確認できません。

  グーグルアースからはまだ上流に2基堰堤があるようですが、期待が

  持てないのでここで中止。今回は一匹でしたが今度増水した時に

  また挑戦してみることにしましょ~う。

  一日目はこの位にして、早めに町の居酒屋で一杯!

  夏休みは普段と違い日程の余裕が違いますなぁ~クククッ!

  明日の作戦を考えます。

  

  

  

[PR]
by saitamasunosuke | 2017-08-05 14:28 | Comments(0)