<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サヨナラ~2016年度シーズン!




   

    やけに真っ白なぁ~雪がフワフワ~真っ裸の木を凍えさせ~

    蝉の子供は土の下ぁ~暖かいんだねぇぐっすり眠る~

    さ~よぉ~な~ら~♪  さ~よぉ~な~ら~♪



    あ”~今年も終わっちゃったんですね~

    この寂しさは何なんだぁ~~?

    うぐぐ。


    今年最後も東北です。

    川の調子は余り良くありませんが、ま最後はこの地でしょう~

    
    気合充分で土曜の深夜現場着、夜明けを待たず、ストリーマーを

    引っ張り始めるが、何となく川が白く見える、日があがると

    やはり川は白く濁っていて、おまけに水温も高そうだ!

    こんな状態でイワナは釣れるのか~?

    アタリが無いまま夕方を迎えるが、矢板の名人からもっともっと

    上流がエエよ~と教えられ、行ってみればジンクリヤの透明度!

    おまけに、ライズボコボコ~!

    その上流のポイントはかつて非常に魚影の濃いポイントだったが

    度重なる天災や人災で魅力の無い場所になり訪れる釣り人は殆ど

    無くなった かつて のポイントだ!

    アベレージは尺には届かないが、その魚の数はハンパじゃー無い!

    教えてくれた名人は用事があって早上がり、それではわたくしめがと!

    イブニングに挑戦!

    しかし、すれてないはずのイワナがなかなか手強い!

    ライズは群れで移動するので一匹かけると、その周辺のライズは

    消え、食いが悪くなるのだ、透明度が非常に高い事もあるが
a0203841_2338959.jpg

    まるで群れの掟や連絡手段があるようで、釣れ出すとポンポンと

    針掛かりするのだが、ダメだと全く反応しない、まあ針も合って

    いないのだろうが、こんなうぶな魚を釣るのに苦戦してしまった!
a0203841_23355112.jpg

    結局9寸を頭に7匹とあのライズの数からすれば全く納得できない結果。

    6時15分までみっちり釣ったが、何とこのポイントは墓場の裏。

    車まで戻ると闇夜の中にうっすら墓石が並んでいるのが見える!

    山奥の誰もいない墓地、ひえ~っ!ロッドとウェーダーを車に放り込み

    急いで麓の町までブイ~ン!

    町の温泉で、地酒をグビグビ、そこの駐車場でその日はお休み。


    さて、日曜日、昨日のボコボコライズが忘れられず、午前4時前には

    山の墓地裏ポイントへ!墓場に背を向けて駐車しているもので

    ミラーは見ない様にして白々するのを待ち、うす暗い中川に下りて

    行ったが、なーんにも無い。

    結局、ライズが始まったのが10時頃から、早朝はダメみたい。

    ライズが始まったのが早いか!羽蟻の流下が始まったのが早いか!

    下流から始まったライズは一瞬で自分の前を通過し上流の緩い瀬

    に集結している!川面は魚が沸いてる様にボッコンボッコンと

    盛り上がり、たまにはスプラッシュライズも見えるのだが!

    これがまたまた、難しく蟻をくってるのは、間違いないと思うのだが

    反応が良くない!

    3時間で2匹の貧果に終わる、まあ尺上が一つ混じったのが

    せめてもの慰めか?
a0203841_23364623.jpg

    昼過ぎもポツポツライズはあったが、ありゃもう俺じゃ取れない~。

    山を下り、親分の家でお茶をご馳走になり来年はもっと良い状態に

    なっている事を願いこの川を後にした。

    あ~、毎年の事ですが、最後は寂しいな~。
    
[PR]
by saitamasunosuke | 2016-09-25 23:38 | Comments(13)

有りがちな最後の一投!!


    待ちに待ったシルバーウィーク!

   いつもの大物リバーで挑もうと思っていた矢先、地元の巨匠から

   上流の工事が始まり良くないが来ない方が良い鴨?と金曜日に

   電話を貰っていたのだが!今年はこの川で締めくくると決めていたので

   悪い話は聞かなかった事にして取りあえず出発!

   
   夜明けを待って川に下りようとすると、ナニナニ~大増水〜ゲロゲロ!

   危うく流されるところでした!

   なんだよ、こういう事かプンプンと常連さん達と文句を言っているうちに

   川の水は釣りの出来る状態まで下がってきたのでカクカク好きな

   ポイントへ~

   いつものZさんが32センチをゲット~次いで私が28センチを

   どうにか釣り上げるがこれが限界~他の人もダメだったようで

   この日は皆温泉に入りに行ったり居酒屋にと散らばっていった。
a0203841_2032120.jpg



   さて二日目川の状態は昨日より悪そうで、釣れる気がしない!

   いつもはやった事の無い下流部を重点的にやるが反応無し!

   結局、かつて一級ポイントの下り口で地元の巨匠にもう帰ります~

   と電話し 曲げ直しさんには 此処へは来ない方がイイ!イカ釣ってた

   方がええよ~んとこれまた電話して、自分ももう帰る旨を伝えた。

   
   しかし雨が上手い具合に止み、土手の上から見る淵はシーンと静まり返り

   少しばかり釣れる気がしてきたので、日没まで竿を振ることに!


   4時半から始めて、もうこの一投で止めようと思った残り数回のリトリーブ

   で ぐわ~んとアタリが!!

   6番ロッドのしなり具合から40はあるな~と思わせる引き!

   大事に寄せてネットイン!
a0203841_20333324.jpg

a0203841_20343043.jpg



   いつの間にか降りだした土砂降りの中でメジャーを当てると堂々の

   42センチの均整のとれたプロポーションのイワナである。

   もううす暗く土砂降りの中、写真撮りは断念!

   イワナには申し訳ないが洗濯ネットで一夜を明かしてもらおう

   明日も朝一だけやり帰ることに変更~。

   しかし、最後と決めた一投の最後の最後に釣れるとは?実に運が良い!!

   こういう事ってあるんだなぁ~。

   それから町の温泉に行き汗を流した後、食堂にて地酒と大好きな

   もつ焼きとやまかけで一杯!!至福のひと時を味わいそのまま

   駐車場で就寝。


   次の日は暗いうちから始めるが全くアタリが無い。

   明るくなったのでイワナの写真を数枚撮りリリース。

   まだ午前9時前だが混まないうちに高速に乗り・・と思ったが

   やはり3連休最後の日の高速は渋滞しとりました。
a0203841_21343585.jpg

   残すところは来週末のみ、良い材料は無いがやっぱ此処か~?

   
[PR]
by saitamasunosuke | 2016-09-19 20:20 | Comments(6)

やっとこさボウズ回避です。



   この週末は、数日前、前日と現地入りした 曲げ直し大嫌いさんの

  うほほ~い話を タップリ聞かされていたもので自然とテンションは

  高め!オイラも釣ったるでぇ~!!と夜中に到着3時50分にアラーム

  をセットしたが、起きてみれば5時過ぎ!またか~と思うが、歳を

  とる度に徹夜で走るのが厳しくなって来ていると痛感する。

  釣りの方も全くのアタリも無し!空はドピーカン太陽ジリジリで戦意

  喪失、土手の上でZさんと会うがやはり同じくアタリも無かったそうで

  がっくりしておりました。

  おまけに話の最中、つむじ風が通り過ぎミラーに干しておいたゴアの靴下

  を何処かにふっ飛ばされしょげておりました。

  私はそのあと長い長い昼寝、夕方目が覚めるとすぐにスーパーに

  酒を買い出しに行き2合あおってそのまま就寝。


  さて日曜日は睡眠充分でアラーム通り3時50分起床!

  まだ薄暗い頃には、おっかなびっくり谷底の超一級ポイントへ!

  ここは今週2度も 曲げ直し大嫌いさんがうほほ〜い!と雄叫びを

  あげた場所!

  暗いうちから始めるが暫く何もおこらない。

  薄明るくなった頃ライズがポツポツ始まるがその横をストリーマーが

  通過したとき、ぐわ~ん、ゴンゴン~!!

  来た〜嬉し~、大事に大事に浅瀬に誘導しネットイン!

  まあまあの36センチ!これでボウズは回避!
a0203841_1955392.jpg

  しかしそのあとアタリとバラシの連続!そりゃそうだ、数日前ここで

  曲げ直し大嫌いさんにコテンパンにやられてるのだから、スレスレでも

  仕方がない。

  もうダメだと見切りをつけポイントを移動するも何処もダメ!

  また土手でZさんに会うが、今日も何にも無かったらしい、可哀想〜

  って一歩間違えば、ワタクシもオデコだったので他人事ではない、イヒヒ

  しかし、1匹と0ではね~イヒヒ~あ~良かったよ良かった。
[PR]
by saitamasunosuke | 2016-09-11 19:58 | Comments(3)

終盤です。





   残すところひと月となり、焦りが見え始めた今日この頃

  何を焦るのか?良く分かりませんが?


  先週も東北には出向いてはいたものの、何処も濁っていて

  早々退散していました。

  
  で、今週、皆同じだった様で結構なご同輩がウヨウヨと・・

  
  土曜日はいいところに入れず、コウモリとアブラッパヤ4匹。
a0203841_2011410.jpg

  日曜は朝一でアタリだけは4回もありましたが、全部針掛かりせず!


  日が昇ると流れ込み周辺に小さいライズが始まり、大きくとも

  泣き尺のヤマメ、イワナを含めた7匹とまあまあか?
a0203841_20114865.jpg

a0203841_20124430.jpg

  尺ちょいが混ざれば万々歳だったんですが?

  昨日のアブラッパヤから思えば全然ヨロシです。

  あ~また来週が待ち遠しい~。
[PR]
by saitamasunosuke | 2016-09-04 20:13 | Comments(6)