<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GECKOライン!








a0203841_22272484.jpg

目白のY商会さんより、年末フライラインセール

のお誘いをいただき、

              ♯3と♯4のWFを10本お願いいたしました!

    モノはコートランド333と超オーソドックスでバンブーには

丁度よさそうですが。
 
Y商会店主  安いラインが有ってアメリカから入れるんだけど一口乗るかい?

 鱒     ハイ!10口お願いします~。

Y商会店主  そ、そんなにかい?

 鱒     ちなみにカラーはピーチでっかー?イエローでっかー?

Y商会店主、 ゲッコーだよゲッコー!

 鱒     ゲッコー? ゲッコーって?

 鱒     あーあー、ナルホド月光? 月の光の様な 

       ホワ~ン とした黄色でっか?

Y商会店主  いや、違うと思うよ。

       ちょっと待って! パチパチパチ とウィキペディアで

       調べたところ何と ヤモリ、ヤモリ、ヤモリだって~!   

       ハハハのハ~、ヤモリ色のライン
a0203841_23162732.jpg

 ゲッコーは結構イイ色のラインでした!



[PR]
by saitamasunosuke | 2013-12-10 23:27 | Comments(8)

イノアンゴードン in 行田!








a0203841_23035654.jpg

   
     日曜日、会津のトーナメントキャスターでもありトンプソンの

    スチールヘッダーでもあり百名山を登ろう!の会員でもある

    イノアンゴードン氏が来年からのバンブートーナメントロッド製作用品を

    仕入れがてら、行田にたち寄られました。

    早速、メリケンのロッドを4本用意して、世界遺産一押しの埼玉古墳にて

    振っていただきましたが、

a0203841_23013657.jpg
    
     はっきり言って、うまく撮れません~

     でも実物はホールする左手からストリッピングガイドに伸びる

     フライラインは一時も弛む事無くダブルホールがバッチリ効いてる

     のが分かります。

               ロッドはギュンギュン曲がっています。

     ループは先の尖った凄みのあるもので、先端までパワーが行き届いて

     います!

     シュート時には足元にあったコイル状のラインが皆出て行って

     しまいました!



     レナードにはトーナメントなどと言うシリーズがありますが、さはど

     遠投を目的に作られたロッドでは無い様です。

     イノアンゴードン氏の一本目は是非ファリオクラブで

     行ってもらいたいです。
a0203841_23262949.jpg

     マスノスケもせめて18ヤード位でフォルスキャスト出来たらイイなぁ~

     思うのでありました。

     そうそうあそこの台湾ラーメン360円美味かったですね~

     また行きましょう~。
[PR]
by saitamasunosuke | 2013-12-09 23:37 | Comments(0)

お花。






 やっと手に入れましたR-2
a0203841_20595175.jpg
  
     ここ3~4年、ROSSのサンミゲルとR-1とR-2に非常にお熱です。
   

   あれは、茹だるような夏の夜、いつもの日課でヤフーオークション→

   フライリールと見ておりますと、何とそこそこの程度のR-2が出ている

   ではありませんか!

   ここは何としても我が物にしたいと思ったせつな、先客がビッドしており

   そのヤフーIDが越中の有名なロッド&リールコレクターの方だと分かりました。

   んん~、こりゃ手強いぞー、と思っていましたが、三日後の

   釣行前夜か何かに油断してる隙に落とされてしまいました。


   数日後その方のブログを覗くと案の定、あの時しくじったR-2(お花ちゃん)

   が出ておりました。

   ああ、これ欲しかったのにぃ~と。


   この方、入手した物を、徹底的に分解し専門的な目で分析しブログで

   分かりやすく解説して、その後また売りに出す事がしばしばで、ブログの

   文面からするとさほど、愛着も無さそうな感じで、もしかすると近い

   うちにヤフにお目見えするかな?と思っていた矢先に、スタート価格

   も比較的にお安く、しかし即決価格も恐らく前に落としたお値段で!

   手堅く即決価格で何とか我が物に出来ました~。  ホッ!
a0203841_21322974.jpg
   性能面ですと後発のサンミゲルの方が若干優れている感じがしますが

   デザイン面では、このRシリーズの方が手が凝っていて、自分は好きです。

   この富士山型の穴は、花びら型の穴を強調する為には重要で、後発の

   サンミゲルではここが小さな単なる 穴 になっていて、色気がありません。

a0203841_20595175.jpg

a0203841_21412067.jpg

     それとこのラッチカバーに見られる、安っぽい銀色のプラスねじはいただけません。

  黒のマイナスねじならもっと締まった表情になった事でしょう~。

  ただ、限定モデルで幻のプラチナカラーだったらこのままでも良いでしょう。

  あるいは、佐々野でごく僅かな期間扱っていた後期モデルなど、シルバー系

  も似合っていました、ボディー側は穴まで空いていましたしネ。


  しかし時代はラージアーバー、先進的な機構やファンシーな表情も

  ガンダム的な各社ラージアーバーリールと比べるとインパクトが

  足らないのか?殆ど売れなかった様で、サンミゲルの後期型は数が少ない

  です。ヤフーオークション歴13年になりますが、かつて一台出品して

  いたのを見た事がある位です。

  本家アメリカのFFマンにも人気がある様ですが、殆どが黒ボディーで

  銀色をしたサンミゲルは出てきません。

 
a0203841_22033633.jpg
 
  話はまたR型に戻りまして、この富士山型の穴、R-1→2→3と

  径が大きくなればなるほど、山が高くなり

  花模様をより一層、くっきり見せる役割をしているようです。

  まあそれとは関係無いと思いますが、本家、

  アメリカの愛好家はR-3を所有している人が多い様な気がします、

  それも色とりどりのバッキングやフライラインを巻いて!

  そう、このリールの楽しみ方は着せ替え人形の様にカラフルな

  フライラインを何層にも巻き、艶やかさを楽しむのであります。


  しかーしです、何でも巻けば良いと言うのではなく蛍光色は下品!

  落ち着いた同系色で徐々に濃くする、或は中心から薄くして行くなど、

  センスとラインを買ってぶった切りスプライスする財力も

  必要と思われます。

  バンブーフリークにはちょっと派手過ぎる感じは否定出来ませんし

  自分も普通のリールにはアースカラーや地味目のラインを巻いて

  いますが、艶やかなグラデーションのラインをまとったリールを装着

  したレナードはアリかと思います。

  今日は休み前、日本酒を片手に熱く語ってしまいました。

  サンミゲル3とR-3も欲しくなったマスノスケでした~。

a0203841_22413092.jpg
 

[PR]
by saitamasunosuke | 2013-12-06 23:20 | Comments(7)