<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サイタマスノスケ綴り方教室

 



    
       カゲロウの流下は(竜川)全く無しで、

       ライズなんぞはあずまいが(安栖)

       雨がシトシト志戸前の夢やで(食堂)

       茶漬けをかっこんだ(葛根田)

       こんな遠くまで来て、おーしくしく(T_T)

       (鶯宿川 おうしゅくかわ)

    
                  お粗末様でした。


      いや~今回の釣行はある程度予想していた

      事とは言え、厳しいものでした。

      禁漁になった隣県ナンバーの車が多かった事、

      急な冷え込み 土砂降りと良くない材料が揃い

      過ぎました。

      土曜日本流の竜川は上流で工事をしているのか?

      白く濁り気味、石は泥を被って滑りやすく、思いきり

      コケて右手のロッドをかばおうと左手の小指から

      手を付き川の中にグシャリ~

      左膝強打と小指、薬指ポッコリ腫れあがりました。

      恐らく付け根あたりにヒビでも入ったか?そのまま放置。

      結果は小イワナ2つ。

      夕方支流に潜り込み、やっと26センチハンサムイワナ

      が出てくれましたが、

a0203841_111541.jpg


      イブニングは毎回良い思いをしている淵で待ち構えるも

      全くライズ無し。

      イワナはもっともっと上の堰堤の下まで上って

      しまった様です。

      日曜日は土曜以上の釣り人の出が予想

      されましたので、まだ薄暗いうちから、

      お目当ての支流に!前の日釣り券を

      買った家のばあチャンから 熊が出っから

      鈴鳴らしてな~と言われてましたので

     、車で上流まで上りクラクションを鳴らし

      また戻り、支度をし、

      恐る恐る川に降りていきました。

a0203841_1135205.jpg


a0203841_11155038.jpg


     またこの川の底が滑る事、滑る事。

     結果は4時間上って木っ端イワナ、ヤマメ3つ。

     8寸強のヤマメ1つでした。

a0203841_11294465.jpg


昼寝をしようと、雫石川の河川敷に、ゴトゴト入って行くと、

    アユ師が数人釣っています。

    その上流に目をやると、何と40センチはあろうかと言う

    ディンプルライズ!それも一つではなく4つ5つと!

    大ヤマメの産卵前の荒食いにとうとう遭遇したか?

    急いでフライを投げるとやはりそんなに甘くは無く

    やっぱりね~の泣き尺のハヤ。

    涙こらえて数本釣るも雨が降り始め、やがて本降りに!

    今年の岩手釣行はこれをもちましてすべて終了しました。

    残すは来週、40アップ狙います。

    

      
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-09-24 12:10 | Comments(4)

友川かずきの故郷へ!

   


 ビッショリ汚れた手拭いを~腰に結えてトボトボと~

    死人でもあるまいにや~♪



    今、何かと話題の友川かずきの故郷へ今年最後の遠征に

    行ってきました。


    金曜日の夜遅く、出発しましたが、途中、那須、矢吹間が

    夜間工事の為、大渋滞!2時間のロスで金返せ~~~!

    
    本命に行く前、岩手の西根で降り、ちょこっとやろうと

    お馴染みの川に着くと、やはり水が無い~ ちょろちょろ。

    どうせダメだろうと2時間ほど上るもやはりダメ、7寸3つ!

    話になりません。

    また西根から乗り直し、本命の川へ!

    現場に着くと、すぐKさんに電話を入れ、イブニングに

    良さそうな場所を聞こうとすると、行く行く~と本人まで

    来てくれて、一緒にイブニングとなりました。

a0203841_19294353.jpg


    他の川がカラカラと言うのに、ゴンゴン流れております。

a0203841_2013287.jpg


    6時頃から凄まじい数のライズが始まりましたが、

    新子に毛が生えた様なサイズ。、

    他7寸強2つと良いサイズには恵まれませんでした。

    Kさんも同じ様な釣果、

    しかし水深もあり40アップの可能性もプンプン!

    来年のお楽しみに取っておきたいポイントです。

    

    Kさんと別れ、その日はだいぶ遅くなってから

    ホテルサンクスにチェックイン!バイキングで

    好きな物をおいしくいただき就寝。

    日曜日、本命のポイントに5時から待機するも、

    ライズは無し!日が高くなる前急いでポイント移動!

    2週間ほど前、関東の名人コンビが尺ヤマメを出した

    ルートに変更~

    入渓して200m程は7寸が3つと焦りが見え出した、

    その先の淵の流れ込み、

    明るい色のナメ底なので居ないよな~と

    流したエルクヘアカディスに頭がモッコリ!

    出え~た~、この引き!この悶え!

a0203841_2045058.jpg


a0203841_2024257.jpg

        筋肉隆々 ピッタシ30センチ


     でもって、すぐまた上の瀬のタルミで29センチ!
a0203841_2011185.jpg


a0203841_2085886.jpg


    もう充分でしたが、そこはいやしい釣り人、まだ1キロほど


    釣り上がるも全く反応がなくなり昼の部終了。

    昼の間、いろいろイブニングのポイントを見てまわり

    ましたが決まらず、イブニングはエイ、ヤーと

    適当な場所で迎える事に!

    6時が過ぎるとまた木っ端のライズが始まり、完全に場所を

    しくじったと思った6時半過ぎ、相変わらずのエルクに音もなく

    グイ~ッと、おおっ!デケエ~と何度も走られ、

    ネットに収まったのが、またまた尺ヤマメ~

a0203841_20254197.jpg


もう真っ暗で何も見えませんがどうにか撮影できました。


    最終日、上流のイワナポイントに行くも水が流れておらず

    昨日より下流の、恐らくあまり人がやりたがらないポイント

    に変更。

    しかし、人がやりたがらない様なポイントは自分がやっても

    やはりダメでした~

    電話で詳細をKさんに話して朝の9時だと言うのにもう高速

    に乗り帰路に着きました。

    思った通り帰りはメチャ混み10時間近く掛ってしまいました。

   来週は岩手か~?
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-09-17 21:00 | Comments(4)

台湾どぜうイワナ。



    いつの間にか9月になっていたが、 昼間の太陽の照り方は

   真夏のままだ。

   最後にイイ奴を釣って締めたいと思うのは、毎年の事だ。

   しかし、今年は利根川水系はどの川もチョロチョロで、大物

   どころか、釣りさえさせてもらえない状況だ。

   良い思いがしたければ相当北へ行かねば!

   仕事の疲労や暑さでの睡眠不足で結構ヘロヘロなのだが

   とりあえず高速に乗って北を目指す!

   午後3時現場着!

   大好きなアイスまんじゅうをペロペロしながら水面をみていると

   なんと良い型と思われるディンプルライズ!

   ペロペロ舐めていたアイスまんじゅうをガリガリ噛みながら

   急いで支度をし、射程まで忍び寄った!

   しかし、次のライズがないので、ライズ地点に黒いCDCフライを

  流すと、いきなり底から浮かび上がってフライを捉えた!

  ロッドはなんちゃってキャッツキル(自分的に)3番なので結構引く、

  流れの緩いところまで泳がせネットイン!

a0203841_22203950.jpg


  おお、いきなりの31センチ!クエッ!クエッ!

  その後9寸も追加で、チョンワ!チョンワ!

  幸先良すぎ~♡

  5時になり場所移動、さらなるサイズアップを願い、5番で挑む。

  ライズは無いが瀬の中をスパークルピューパを流すが反応無し。

  6時をまわった頃、下流のプールで小さいディンプルライズ。

  どうせハヤだろうと思っていると、数が多くなり大物のライズも!

  よく見ると羽蟻が結構流されている、アントが無いので黒い

  カディスを流す、しかし直前でUターン!ん~良く見ている!

  対岸でやっているフライマンも コノヤロ~ ちくしょうと~

  叫びながらかなり手こずってる様子!

  それでも、9寸、尺と2匹立て続けに釣れ、

 下流の大き目のライズにフライを投げると、

  疑いながらも食いついたイワナが42センチ!

a0203841_22324181.jpg


やった~  しかし先週の どぜうイワナ に引き続き何と痩せたイワナ!

  台湾どぜうの様なクネクネ感だが、この時期に容姿までこだわる 

  のは贅沢と言うモノだろう。

  対岸のフライマンと後で話したところ、アントはシナモンアント

  だったそうで 色がもう少しあっていれば20位釣れても

  おかしくないライズの数だった!

  もうちょっと釣りたかったな~
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-09-10 22:51 | Comments(4)

どぜうイワナ。



      ひげがあったら、どぜうと見間違うくらい、貧相なイワナ。

    今年は訳あって皆スリムです。

    川の中は大飢饉ですが、何でも喰いつく訳では」ありません。

    そこが、バスやナマズと違うところ。

    イワナのプライドは健在でした。

a0203841_2332687.jpg

[PR]
by saitamasunosuke | 2012-09-03 23:05 | Comments(2)