<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

何となく東北

  







  もう、どこでもイイから、この熊谷から脱出しなくては!

   土曜日の昼前、東北道に飛び乗ると北を目指した。

   路肩の温度計は何と37度~午前中から体温超えで、

   はーダメ。

   やみくもに北に行ったところで涼しい場所などあるわけが

   ないのだが、水の中に立ちこんで釣れるところが良いな~

   そうだ、アソコにしよう~

   その夕方、洗車機に入ったような、夕立に見舞われ、

   川は濁流でそのまま、ふて寝。

   日曜日は水も幾分澄んで釣りにはなりそうだが、こんな8月

   ライズなどあるはずも無いのだが、、、あった~

   あまり考えるのも面倒だったので18番のソフトハックルを

   アップ気味に投げると、3投目で出てアワセもバッチリ!

a0203841_6153983.jpg

  ちょっとスリムなイワナながら34センチ、こんなチンチンに

  燃えるような暑い日にラッキー(^^;

  1匹でもおなかイッパイ~  クエッ!クエッ!
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-08-26 21:57 | Comments(4)

灼熱管理釣り場。




a0203841_235226.jpg


     金曜日の夜、週末の予定は特に無し。

   渓流魚の本場に1週間も居ると、暑さも手伝いシビアな関東の

   川に釣りに行くのが億劫になり、先週は涼しい部屋で

   ゴロゴロ。

   明日も特に行きたい所が見つからず、どうしようか?

   と思っていたところKさんから電話で、ロストで釣りすっぺ!  

   で決まりである。

 
a0203841_23534138.jpg



    現場に行くと、貸切に近い状態だが、それもそのはず、

    チンチンのジュクジュクで暑いの何の~

    遠火の強火で焼かれている様な暑さ!

    しかし、一人気を吐くのはボス。

    熱中症にならない様、冷たいお茶でも飲みながら、

    休み休みやってもらいたいところだが、ロッドは曲がりっぱな

    しで本当に楽しそうだ。

a0203841_2338756.jpg



     数年前に70は超えている訳なのだが、釣りへの執着も

     さる事ながら、このスタミナはどこから来るのだろう~?

     午後から雨になり気温は下がってしのぎ易くはなったが

     午後4時の終わりを迎えても、まだやり足りなさそうで

     頭は下がるばかりです。

     早く地元の川で釣らせてあげたいもんです。

a0203841_23471331.jpg

                      会津の親分

                 
    しかし、暑かった~

      

     追伸

     自分もまだやり足らなく、近くの本流でイブニング。

     券を売ってる蕎麦屋のオヤジは上流の〇〇前は放流場所

     だからそこがイイと、たまたま客で居たアユ師は

     下流を推薦してくれたが・・

     結局、数年前に来た時にやったまあまあのポイントで

     イブニングでハヤ4つでした。

     放流物でも良かったな~、

     

    

     
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-08-19 00:13 | Comments(6)

東北釣行スペシャル!車中泊7泊8日

  


     今年もこの季節がやってきた。

   2012年の関東地方の河川は昨年の台風の影響で川は荒れ

   何処も不調な様で、本流の大物の話は殆ど聞かない。

   北はどうなのだろう?少々の不安を抱いて、ほぼ昨年と同じ

   コースでスペシャルを決行する。

   11時に出発、イブニングは雫石川水系の山中と決め北上!

   太陽は冷房の効いた車内に居ても、腕や顔を容赦なく焼き

   日差しの強さを感じる。

   5時半に現場に着くと先行者は居ない。

   イブニングの淵は決めているので、ちょっと上流を散策。

   右側の流れはいいポイントが続くが、全く反応無し、

   まだ日が高いせいなのか?

   良く見るとその上からは石の赤い水の悪そうな川が合流

   していた。

   右側は捨て、左寄りに切り替え釣り上がる。

   するとすぐ反応があり7~8寸を3つ、

   その上の大きな流れ込み

   の中心にフライを投げると、あっさり29センチが出た。

a0203841_20514299.jpg


   
   イブニングと決めた淵の傍に戻り待機。

   7時をまわると、思っていた通り、パシャ!パシャ!とライズ

   が始まった。

   相変わらずEHカディスを投げると3投目で出た!

   なかなか上がらず、流れが緩くなるところでどうにかキャッチ!

   30センチを5ミリ上回る30,5センチ、調子がいいぞ~

a0203841_2123045.jpg
   

   その後すぐ8寸、最後に30センチポッキリをもう1本追加!

   初日より泣き尺から上を3本とは幸先がイイ!

   また昨年と同じ一旦4号までくだり、そのまま北上して

   沼宮内の先をを右に折れ〇〇高原に。


a0203841_21212984.jpg

   今年も中流部、集落辺りから入渓する。

   幅は無いが水深のある流れ込みでライズ発見!

   ティペットを6Xから7Xを付け足し12番のエルクから

   18番にサイズを落としキャスト。7寸強がすぐ来て、

   続く6寸強、最後に9寸が、小さな淵の流れ込み

   だけで3つと今日も幸先が良い。

a0203841_21163251.jpg


   その後も8寸前後のヤマメを中心に時折イワナが、

   ここぞと思われるポイントから釣れ続けた。

a0203841_2232146.jpg


a0203841_21202930.jpg



   雰囲気の良い橋の暗がりで本日最高の28強が出る。

   しなやかなデュラケーンは綺麗に曲がり、暴れるヤマメを

   いなしていい仕事をしてくれた。

a0203841_21321968.jpg



   しかし、この川のサイズにして魚の大きさと数を養う力があると

   言うのは驚きだ、よほどエサが多く水が合うのだろう。

 
   三日目は昨年の安比方面は捨て、4号をまたも北上、五戸、

   十和田を通り、奥入瀬で勝負!

   一昨年は、焼山、石ヶ戸と上流に行き過ぎ、観光客の餌食に

   なったのでかなり下から見てまわるのだが、ピーカンの空から

   太陽は容赦なく照り付け、釣る気力を奪って行く。

a0203841_21452368.jpg


a0203841_2146346.jpg


   どうにか少年サイズを2つ釣り上げるが、時期的にここも

   マズメ時だけの様でまた来年!

   川を車で遡るが、中程に綺麗な支流が入っているのを思い出す。

   平瀬中心でフライ向き、水はすこぶる綺麗。

   車置き場に先行者と思われる車が2台止まっていたが、

   チョイとやってみたくなり、フライを投げるがすぐ反応あり!

   居るじゃない~♥流石、青森の渓流、と思ったが、

   やはり人の後、警戒してなかなか針にかからない。

   しばらくすると、左岸から支流が入り、そちらに入る。

   この辺りは大ききめの木が多く、鬱蒼としてる割には枝の位置が

   高く全くキャスティングの支障にならない他に、日光は

   遮る様になっておりオススメの美渓である。

a0203841_2205257.jpg
a0203841_2212789.jpg


   熊対策として鈴は鳴らせているのだが、、初めての渓、最近、

   出没したのか?しないのか?不安なので200m程入って引き返す。

   多少、水深のある所からは殆ど反応があり、25センチを頭に、5匹!

   しかしエサが少ないのか、イワナは皆、痩せていた。

   
   
   今日は前々から行きたかった酸ヵ湯温泉に行ってみよう~

   子の口方面とは反対、八甲田の西面を上る、峠の山頂付近は

   1000m強!硫黄の臭いがしてくると、そこに三角屋根の古びた

   建物が現れた。

a0203841_22225718.jpg


  カメラがおかしい?またもピンボケですいません。


  有名な千人風呂の他、違う風呂もあったが、混浴の千人風呂を選択!

  淡い希望を抱いて入ったが、2尺オーバーのご婦人の団体が入って

  居た他は女性は居ませんでした。

  温泉の温度は低く、強酸性の成分が体に染み込むとピリピリ日に焼けた

  皮膚を刺激して気持ちが良かったです。

  酸ヵ湯を後に青森、黒石方面を一気に下り、途中を左折するとまた

  十和田方面に急な上り坂が延々続き、外輪の縁に沿って発荷峠を

  下ればお目当てのアノ川。

  温泉に行く前、柏山氏にはそちらに向かう様、電話しておいたので

  本日のイブは彼オススメのポイント!


a0203841_22584542.jpg

  期待して待つがライズ無し。

  水温23度。これではヤマメは夏バテだろう、更に水温が下がる

  モーニングに期待。

  次ぐ朝、空気は幾分ヒンヤリしている。

  毎度の藪こぎポイントから入り、人家裏手のポイントにて9寸と8寸が

  出るが、やはりトロ場では無くガンガンの瀬の中の鏡の部分しか反応

  が無かった。


a0203841_225739.jpg
a0203841_22574065.jpg


  そこから、暫く魚信は遠のき、その上の堰堤の流れ込み付近。

  ここは実績のあるポイント。

  ティペットを新しいものに交換してフライのサイズも落とした。

  手前の流れから流すが、すぐ8寸強!徐々に奥に向かってフライ

  を投げる。

  二回違う魚と思われる頭が出るがスッポ抜けてしまった。

  最後に柳の下を通すとハデにフライを咥えフッキングし

  大分暴れて9寸がネットイン!


a0203841_2310655.jpg


  今年は水温が高く難しいが、型がイイのがうれしい。
  

  腹が空いてきたので、例のアノ店に行き社長に1年ぶりのご挨拶

  こちらの社長には街の生い立ちから、旧市長宅や心霊スポット

  各支流の最上流部まで案内していただき、感謝しております。

  旅の食事は野菜不足が懸念されますので、野菜ラーメンと

  カツ丼をいただきました。

  またたまたま仕込んでいたブルーベリー焼酎まで分けていただき

  紫色に染まるのを楽しみに待っております。


  それから、お楽しみの温泉です。

  今日は初めての七滝温泉です。

a0203841_23245984.jpg


  時間的に空いていてゆっくり入る事ができました、また店番の女性

  がすごく丁寧な口調の大谷直子似の秋田美人だったので緊張して

  しまいました。

  温泉を出てさっぱりした所ですが、そこはまだ釣り足らない

  アホな釣り師、熊出没で有名で行っちゃなんねーアノ沢へ!

  国道からちょいと入っただけで良型イワナが5つ!

  かなり魚影は濃いです。


  
a0203841_23392367.jpg


  さて、イブニング 水温、溶存酸素料、などと無い頭をひねり、考えあぐねた

  末、下流部の一発大物ポイントで挑みましたが、相変わらず何も有りません

   でした。

   一雨来ない事には水温が下がりきれないイブニングは無理かもしれません。


  次の日のモーニング、上流部の荒瀬をやるも全く反応無し。

  初日のイブニングでやった堰堤の流れ出しが気になるので、場所移動

  一昨日のイブ、柏山さんが狙っていた流れにフライを落とした時

  一瞬、魚がヒラを打つのが見えたのでもう一度同じ流れにフライを

  投げ入れると反転しながらフライを咥えたのが見えた!

  アワセを入れると魚は下流に走り出し2回、80センチ程ジャンプ!

  勢い良く走り回り久々のリールファイトでやり取りしたが何とか

  ネットイン!

a0203841_2359396.jpg

                   じゃじゃーん!          



  メジャーを当てると30センチを僅かに出ている、この川で2匹目の尺超え

  だ~嬉し~

  朝はこれ一本で満足、この辺では有名な超ワイルド温泉に浸かりに行く。

a0203841_03256.jpg
 

  天然源泉かけ流し、 屋根無し、脱衣所無し、少々熱め、のぼせれば

  砂利道をはさんだ渓流にドボン!

  情報によれば、麓の町の若奥さんやら、娘たちのやらスッポンポン

  で入っていると言うのだが!自分はまだ目撃していない。

  恐らく狸か狐だろう~


  その日のイブニングはとっておき、スーパーワイルド、イワナ釣り!

  熊の生息する山中で、夕マズメ大物を狙おうとジムニーで

  道無き道をデコボコと~終点からまた歩きで谷底に降りていくと

  それは何とも美しい湖水が広がっているのであった!

a0203841_0295738.jpg
a0203841_0302296.jpg


  辺りが薄暗くなるとあちこちでライズが始まり柏山氏がデップリ

  太った推定34センチイワナをあげる!
a0203841_21425836.jpg

        カシヤマドリッグステーパー



  そのあと自分にも30ジャスト!あとは良型がチラホラ~

  ああいう場所があったのも聞いていなかったし、人が滅多に

  行く場所では無いので貴重な体験だった!

  深山、闇、熊と非常に怖かったが楽しかったのも言うまでもない。

  柏山氏に感謝!感謝!

  
  次の日はまた人家裏のコースで8寸強を1本。

a0203841_2237435.jpg

a0203841_22422370.jpg


  社長に挨拶をして、県南部、役内川を目指す。


  途中、玉川温泉に挑戦!日本一の酸度を誇ると言うここのお湯

  源泉100パーセントに入った時には驚いた。

  日焼け跡や藪こぎした時に出来た細かい傷口が染みるの何の、

  顔もヒリヒリ、目は開けられないし強烈なインパクトだ!

  酸ヵ湯も凄いがこちらはその上を行くすごさだ!

                  

  その夜、道の駅 雄勝で就寝。

  ひんやりした次の日、モーニングをやるが、全くダメ!

  こちらも雨が降らないらしく平水の7割位と思われる水位

  ではヤマメは釣れるきがしない。

  上流部と支流に入りイワナを釣るがこの辺も熊が頻繁に出没している

  らしい。

  秋ノ宮温泉にゆっくり入り、昨年入った、じっちゃとばっちゃで切り盛り

  してる食堂に入ったが、二人とも元気そうで安心した。

a0203841_21375346.jpg


  木陰で昼寝をし、イブニングに備えるが、またこれが不発!

  この川は難しい。


  夜のうちに山形南部に移動、朝は吾妻連峰東側の川でやるが

  クモの巣がひどい、いくつか出たが、魚影もそれ程濃くはなさそうだ。

a0203841_1219100.jpg



  もうヘトヘトで釣欲も薄らいできたので、吾妻スカイバレーを超え若松と

  お馴染みの鬼怒川と通り帰路に着いた。

  今年の旅は、夜になっても気温が下がらず、睡眠らしい睡眠が

  殆ど取れなかったので、非常にきつかった~

  川には気持ちの悪い藻が茂り、石はツルツルで良くこけたし

  東北北部でヤマメの適水温より10度近くも水温が上がって

  雨も降らず、全く異常としか言い様がないと思います。

  もう少し涼しい7月にチャレンジしてみたいものです。

  

  

  

  
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-08-05 01:17 | Comments(12)