カテゴリ:フライフィッシング( 8 )

Leonard 40M-5



   ある師走の忙しない日の昼休み
   ボブマーリーの着メロ♪が流れた。

    
   どもです~ どうですか調子は~?
   フムフムフム フム フッ・・・
   な、何ですと~!(;゚Д゚)!
   
   電話の相手は目白の巨匠だ、
   アメリカが大変な事になってる!

   アメリカのとある場所に新旧入り乱れた竹竿が集結
   しているらしい。
   質、量とも今だかつて無い程の規模で
   目白の巨匠もレレレレレナードがこんなに一杯!
   ペペペペペッペインもこんなに~!
   ヤヤヤング!トットットーマスも!
   かなり興奮してる状態だ、

   自分はこの冬クワッドを2本入手している、

   銘品のリストの中に、このロッドで尺5寸のヤマメの
   2ショットを撮れたらカッコイイだろな~と思う物
   があったがそんなきりもなくメリケンの竹竿が買える
   ハズもなく半分他人事に思えていた。

   というか本気にならない様に気持ちを抑えていたと
   言うのが本音だろう。
   
   もしこんな状態でこれに手を出したら・・・
   白い粉同様、身を滅ぼす事は分かっているが、
   
   巨匠もめぼしい物が2~3あった様だが既に
   皆デリバリーされた後だったので、今回は見送った様だ。

   しかし一度はアメリカに何か欲しいと言う意思を示して
   いたので先方はあれや、これやと銘品のディテール画像
   を送ってくる。
   巨匠も一度乗りかかった船、何か気に入った物があれば
   頼んであげてもいいよ~(^。^)y-.。o○と、
   悪魔にも似た囁き・・

   ポロッと自分の口から出たレナードの品名を巨匠が
   先方に告げたところ、まだ残っていると言う返事が
   帰ってきた。



   んな~、無理ですよ~ さすがに~ マズイですよ~
   2本買ってるんですよ~ ごれじゃーご飯抜きですよ~
   そりゃ法に触れますよ~ マァ~、そんな事いけないわ~

   その分一生懸命仕事をすればですか~?
   え~1年頑張った自分へのご褒美に~?
   勢いで行っちゃえ~でっか~?

   お願いしまぁーす。ヽ(*´∀`)ノ

a0203841_22385013.jpg

   
a0203841_22403816.jpg

   
a0203841_2331381.jpg
   

 2011年も押し迫った、31日巨匠から届いたよ~
 と電話があり、居ても立ってもいられず、関越を
 ひた走り目白までお迎いに上がり、帰宅後、除夜の鐘
 を聞きながら撫でクリまわしたまま新年を迎えました。

 俗に言うところのmaxwell leonard まさか我が家にやって
 来るとは!
 一般的にこの頃のレナードは強めのアクションと言われてる
 様ですが、M-40と言うこのタイプは適度な張りの中に
 しなやかさを持ったアクションでとても好感が持てます。
 Mー40のMは、ミディアムの略だとか、
 ギリギリの長さしかないリールシート、華奢なグリップ
 スレッドの中に書かれたシリアルなど、心憎い演出が
 そこかしこに見受けられ、これがmaxwellなんだと実感
 させられました。    
 
 さて、一夜明けた元旦。
 

 謹賀新年

 おめでとうございます。
 本年も宜しくお願いいたします。


 キャス練会場には、スカジットの鬼と恐れられている
 S氏がもう練習をしていて、新年の挨拶もそこそこに
 え~例のやつ来たの~って。
 早速振っていただきました。
  

a0203841_23575851.jpg

 投げやすい。とコメントをいただきました。

 そうでしょう~、そうでしょう~、
[PR]
by saitamasunosuke | 2012-01-02 00:09 | フライフィッシング | Comments(12)

TIM ZIETAK

実は日曜日どうにも我慢できなくなり、川辺のおっちゃんと
フックに行ってきました。
早く4角いロッドで釣ってみたい、公園で投げてるだけじゃー
やはりダメ。

本日は新進気鋭のビルダー、ティム ジータックのクワッドロッド!
スペックはと言うとやはり7feet 6inch ♯4 109g

a0203841_21445455.jpg


最初に手にとった感想はホント4番?という位カタイ!
製作者が4番と言えば4番なのだろうが、迷わずWF5で投げるが
ちょうどイイ感じ。
しかしヤマメだと40は欲しいところ、尺では持て余しそうである。
レインボーの多い川でのドライでやる時なんか良さそう〜
109gという重量も5番だと思えば別に問題ない重さだ。

a0203841_229583.jpg


仕様は濃いめのフレームに結構綺麗な塗装。
ストリッピングガイドは赤いメノウだろうか?
小振りで好感が持てる。
各ガイドはかなり細いタイプでブランクのごっつさとは対照的
大きめなリングのフックキーパーが備わる。

a0203841_22161910.jpg


グリップはシュローダーより太めで同じように先端が四角くシェイブ
されている。
リールシートは柔らか目な丸棒にポケット&リング、これがあまり
合うリールが無い。
厚めのフットだと全く無理、ハーディーでは入るものと入らない
物があるがもう少し考えてくれてもいい感じがするが?

それともう一つ心配なものがスタックである。
シュローダーの場合スパイラル風に4面ずらしてあるのに対し
2スタックとでも言うべきか?
節の反対側にも節があるのである、バット側のみならず
ティップの先まで同じなのだ。
まあ何と言っても大きいレインボーと一緒に撮った写真を何枚
か見かけているので実際は大丈夫なんだろう とは思うが・・・
ちょっと心配。

a0203841_2236690.jpg


投げた感じは6角と変わりは無い様に感じるがバットがあまり
曲がらない?曲げられないのだ やっぱカタイ。
この日は突風が吹き荒れる生憎の天気にバカの一つ覚えの
カメムシが付いていたせい?もあり綺麗なループはできなかった
が大型のマスならイケそう!
もちろん大型のイワナにも〜

a0203841_22514649.jpg


40弱のブラウンには余裕でした〜〜〜
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-11-22 22:57 | フライフィッシング | Comments(4)

DON SCHROEDER

今朝程、東京経由、メリケンより、素敵なロッドが到着しました。

a0203841_13573571.jpg


その名はドン シュローダー 普通の6角でなく、四角い断面をした
クワッドロッドです。クエッ!クエッ!ではありません。

a0203841_13591315.jpg


外は雨の降った後で、ひんやりして、地面も濡れています。
またいつ降り出してもおかしくない状態ですが、早くラインを
通して振ってみたく、近くの公園の芝生までやって来ました。

a0203841_1405418.jpg


スペックは7feet 6inch  ♯4 2p 104g
通常の6面ウッドスペーサーものより僅かに重い感じがします。
もともとこの作者のロッドは重厚ななタイプが多くしっかりと
作られている様です。

a0203841_149824.jpg


4面のロッドは反発力が強く、指定の番手より硬く感じる事が多い
そうですが、このロッドはそれ程ではなくWFの4番を気持ち良く
飛ばせました。
次はDTの4番ですがこちらの方がしっくりして、更にイイ感じです。
バットが張りがあるわりにティップ側は繊細なので、さすがに5番
は合わなさそうです。

a0203841_14233159.jpg


ティップと言っても先端ではなく、4から5番め位のガイドの位置
が良く曲がり荷重が乗るとバットまで曲がってきます。
4面なので何か変わった振り心地かというと、余り違いは
分かりませんでした。
シガーハンドルの先端が4角にシェイブされているので、サムオン
トップがしやすく、四角い竿を振っている事を実感させられます。

a0203841_14373142.jpg


エドワードやカールソンと言った古典的なクワッドは振った事は
ありませんが、見た目もさることながら、相当個性的
なアクションなのだと想像ができます。
現代の物はそれほどではないにしろ、6角から持ち替えると
アクションではなくそのルックスに違和感をおぼえました。

6角の場合いノードでも違って来ますが、一片の竹が節や僅かに
細く削ってしまったとか、弱い部分だとしても、残りの4から5
片の竹が補ってくれて強度が保たれるのだと思います。
4面の場合、一片が節だったり、弱かったりすると残りは3片
次に紹介するジータックロッドにしては、2×2ノードなので
反対側も節になります。
その結果その部分は他の部分よりよく曲がりギクシャクした
ペンディングカーブになってしまうのだと思います。
そこにコンパウンドテーパーが加わるとなだらかな
曲線とは言いがたい曲がりになってしまう様な気がします。

まだまだ作る人も少なく、手探りの域を脱していない状況の
ロッドをなぜ欲しいか?というと、それはカッコイイから
でありまして、その何がカッコイイかと言うと4角だから
でありまして、何故?4角だとカッコイイかと聞かれても
・・・・良く分かりませんが、自己満足と言う事です。

幸いDON SCHROEDERは違和感も無く、仕上げはペイン
を愛してやまない作者だけにビューティフル!!!!
ナチュラルケーンにオリーブのスレッドが映えます!
フェルールの挿入感もバッチリ!

今夜はお股に挟んで寝たいと思います。
最後にこのロッドをメリケンのディーラーより
取り寄せていただいたmejiro rod tradingserviceの
代表yamameboy 小池さんに感謝!感謝!
有難うございました!
(o・・o)/~またお願いしま〜す。
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-11-19 22:29 | フライフィッシング | Comments(6)

がんばっぺ!会津! 東一局 (-。-)y-゜゜゜

 

a0203841_2259408.jpg


   今日は定例集会の日だ。

本日のメンバーは仕事や私用でこの方々のみ!
少々寂しい気はするが釣欲は人一倍の面々である。
a0203841_2351895.jpg

処はいつもの会津、ロストルアーズ、大物フリーク憩いの場所。

紅葉ももう少しで見頃を迎えそうだが、今日の天気は生憎
の雨模様。

強くはないが降ったり止んだり、頼みのカメムシのハッチも
全く無し。
頭上にフライが落ちても一瞥もせず、動かない魚体のみ。

午前中はあの手この手で魚の気をひこうとするが苦戦を
強いられた。
午後からピタリと雨は止み、気温も少し上がった様だ。

少しずつ魚の反応が良くなって来たのが分かるが、本調子
ではない。

カメムシのカラーローテーションも一通り終わってしまい
次に何を結ぼうか?と思ってフライボックスを見ていたが
巨匠の為に今週制作した麻雀パイシリーズに目が止まった。
どうせ・・・・・・・・と思いながら発(ハツ)を結び投げ入れると
何と好反応〜♥♥♥

隣で半ばふてくされていた巨匠に東(トン)を渡す!
その後はご覧の通り!
a0203841_23312337.jpg




a0203841_23432442.jpg
a0203841_23443281.jpg


その後は東と発で入れ食いとは行かないまでも、結構な
反応を得て終わりまでに午前中の分まで取り返した感じ
で4時の終了を迎えた。

メデタシメデタシ。
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-10-22 23:45 | フライフィッシング | Comments(12)

岩手 秋田釣行

 
   残り後わずか、終わり良ければすべて良し。
 今年は中盤が未だかつてない豊漁に見舞われ、心に
 残る釣りを何度もした。

 しかし、あの日以来プッツリと大物とは縁が切れてしまって
 秋田や岩手、山形などの有力河川を毎週の様に周る様になったが
 とんと、大物と呼べるものが釣れない。

 何とか終わり際にも良い釣りがしたいとこの3連休40UP
 の可能性のある岩手の川を目指した。

 
a0203841_1847774.jpg


 車止めに着くと先行者は無く、ウハウハの夢は膨らむ!
 今回はS、riverの川辺のおっちゃんも一緒だ、行ける所
 まで行くが、100匹イワナがいれば半分の50匹が
 自分の釣り分だが、この中に何匹の尺UPが居るのだろう?
 夢を膨らませながら10分程道を歩き堰堤下から川に入る。

 しかしその後魚の反応はしばらく無く1時間程経過したところで
 7寸一つ。
 小せーなーと思いつつ、この辺から好転しウハウハが始まるのか?
 結局6時間釣り上ってもサイズ、数とも良くならず出方も
 何か元気が無く活性の低さが分かる。
 
a0203841_19111828.jpg
  
 一旦戻り、温泉に浸かりイブニングにそなえる、が
 夕方雨が降り出し気温が下がる。
 前回来た時に、目をつけていた大堰堤のバックウォーターに入り
 ライズを待つが、雨は更に強くなり撤収~。
 
a0203841_19131865.jpg

 岩手北部は前線の影響で明日もダメそう、秋田南部をめざす!
 あくる日鳥海山の川で始め昼過ぎまで2キロ上るが
 やはり7寸たまに8寸程度、尺は何処に行ってしまたの~~?
a0203841_19141844.jpg


イブは一つ尾根を越えたヤマメの有名な川、しかしここも
 大したライズは無く、完ボ!
 先週が900キロ、今週1300キロと距離だけは延びるが
 中身が伴わず。
 次回の3連休にすべてをかける!チョンワ!チョンワ!
a0203841_19213178.jpg
a0203841_19224822.jpg


 
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-09-19 19:32 | フライフィッシング | Comments(4)

こんなん出ました~

 これもまだ日が高いうちからガボッていたので、得意のマツーカを上流から送り込むと
激しく身をくねらせた後フッキング!レナードの6番を満月に曲げながら縦横無尽に暴れ
上流から下って来たところをネットイン!
a0203841_22352534.jpg

 レナードのエクステンションバットと自分の出っ張った腹もダテでは無く、マッシュルーム型
のキャップをヘソにねじ込められたので安心してやり取りが出来たってもんだ!
a0203841_2235586.jpg

久々の記録更新でクエッ!クエッ!

a0203841_23105727.jpg

[PR]
by saitamasunosuke | 2011-05-29 23:12 | フライフィッシング | Comments(10)

それでも~鯉は鯉~♪

  ご飯も食べずに、トイレもできず何日も何日も海原を漂い瀕死の状態で
 大カジキを釣り上げた 老人と海を思い起こさせます!

 yamameboyさんは演出がお上手!何かロマンチックな気分にさせます。

 余り(>_<) あやかりたくは無いですが男のロマンをじゅうぶん感じてしま
 いました!
 クエッ!クエッ!


 
 
a0203841_025266.jpg

[PR]
by saitamasunosuke | 2011-05-28 00:54 | フライフィッシング | Comments(4)

捕ったどー!クエックエッ!

 
  まだ明るいうちにマドラーマツーカに食らいついたのは
 顔が青田赤道に瓜二つのひし形イワナだ!

  水深のある速い流れで掛けたもので、S.river 8フィート3インチ ♯6
 はキリキリ悲鳴をあげていたが、どうにかネットインできた。
  
   このロッド、レナードオーサブルのテーパーを基本に3インチ伸ばした
 設計でパワーフル&スムース、そんじょそこらのヤマメではスルスル寄って
 来てしまう程で持て余し気味だったが、この位の魚だといい勝負でクエッ!クエッ!
a0203841_0331919.jpg

 
[PR]
by saitamasunosuke | 2011-05-22 00:39 | フライフィッシング | Comments(8)