Rearthという名のウェーダー



   シーズンの半分ちょいは利根川をはじめ、東北の川など7=3の

   割合位で本流の釣りがメインですが、ロッドなんて何でもイイんです。

   マークアロナーで釣っても喜楽で釣って釣果は変わりません。

   (あまり変わらないと思います~)

   リールもしかり。

   ヤマメごときにディスクもクリックもへったくりもありません。

   ベストだって好きなの使いや~イイんです。

   ウェーダーだって薄いの厚いの靴付き靴無し。

   それでも快適に釣りがしたいのであればウェーダーは必需品

   穴なんか開いていれば戦意喪失!へぇ~くしょんです!


   利根川の前橋辺りでダブル振ってる人たちはネオプレーンのチェストに

   靴をわざわざ履くタイプのウェーダーを好むそうですが

   あの辺はライズ狙いではなくダブルでウェットやストリーマー

   を流す人達が多いので靴を履く時間もあり足回りを固めじっくり流す

   んでしょうが カッコいいですね~!!


   それに比べそのちょっと下辺りからはみんな靴付きのダボダボの

   チェストハイのネオプレーンが主流じゃーないんでしょうか?

   歩くとボッコボッコと音がして急流を渡る時にゃ抵抗がありすぎて

   流されそうになった人も多いと思います。

   しかし逆に良い時期の会社の帰り、車で河原になだれ込み

   水面を見ればもうイブニングライズが広がっている時など

   靴を脱いでそのままスッポ~ンと変身出来るので一長一短です。

a0203841_21111251.jpg

   本日は 釣りっぱなし履きっぱなしのウェーダーを利根川で洗いに

   出かけましたが、汚ったないですね~。

   今年の7月ごろにおろした、余り馴染みのないウェーダーその名は

   リアス!
a0203841_21113857.jpg


   made in 石巻の純国産であります。

   ここんちはもともと、漁師用ゴム長、サーファー用ウェットスーツなど

   手がけていて、最近フィッシング用にウェーダーに参入した新顔と

   言って良いメーカーです。

   もう少し前に参入するはずだったそうですが先の地震で遅れたそうです。

   
   定価は3万円税込み3万2千円と決して安くは無いとは思いますが

   宣伝文句には お値段以上!! とふれこみが有り気にかかります。

   YouTubeで社員がこのウェーダー作りの拘りを説明しているのを

   偶然探してしまい、ほすぃ~~!と思うようになっていました。

   ある日foxfireのウェダーに穴が空いたのを良い事に、早速

   ヤフーショッピングで検索すると2万6千円送料込み

   とあり、まあ2割引きならと言う事でお取り寄せ~!!
a0203841_21121193.jpg

a0203841_21141626.jpg


   人間工学に基づく立体裁断はシームが多いのが特徴でちと心配ですが

   その辺は長年のノウハウがあればこそで、相当自信があるんでしょう~。


   履き心地は自分ではまだ体験したことのないタイトさ!

   少しぽっちゃりめなワタクシではキツイのでは?と思わせる胴回り

   ですが、なんのなんのXLで丁度ピッタシ!

   特筆すべきは腿はたっぷりしていて膝にかけて細くなりふくらはぎが

   またポッコリと膨らんでいる凝った作り!!


   タイト気味ですが全く圧迫感は無く軽やかな履き心地で4mm厚と

   言う事も有り アソコん家やここん家のボッコンボッコンウェーダー

   とは全く違う軽快でアクティブな履き心地で大変満足してます。


   お尻の下に何とか?というマチを多めにとっているのでソンキョの

   姿勢をとっても全く突っ張らずライズ待ちで立ったり座ったりも

   楽々、ブーツもマズマズの履き心地でフェルトには減り防止のピン

   も入ってます。
a0203841_21133771.jpg


   胴部分も背中はハイバックなのでベストさえ短ければ相当ウェーディング

   出来そうでライズとの距離も前より近づきそうです。

   やはり流れを渡る時は体にピッタリ気味なので抵抗も少なく感じます。

   半信半疑で購入した一本目をいたく気に入った頃、そういえば

   最初はヤフーのショッピングで購入した事を思い出し、何故

   オークションでも探さなかったのか?と早速ヤフオクで検索したところ

   19900円で北海道から出ており、ではではと控え用にと2本目を購入!!
a0203841_21152451.jpg


   ここ十年位の自分のサイクルだと2年弱で一本の割合でウェーダーを

   履き替えていますが、履けば履きっぱなし、車内で自然乾燥させるのが常

   ちゃんとメンテナンスをすればもっと履けるハズですが、そんなもん

   だと思い買い替えております。

   なもんでシムスやパタゴニアなどは持っていません。


   後はこのウェーダーの耐久性です、いつシームから漏れ出すのか?

   或は修理に出した時の会社の対応!スピーディーか?嫌がらず

   ボロでも直してくれるのか?その辺が今後の見どころです!!

   そうそう、このウェーダー名前が何だか良くわかりません。

   会社名はモビーディックと言うらしくその後に続く文字が

   Rearth FW TPR WADER RULER FWD-6000 っと長ったらしい

   他もそれほどラインナップが有る訳では無いのでもっと明確な

   名前なら覚えやすいと思うのですが?

   しかし今のところは、これが一番と思えるほどほれ込みました~

   今後しばらくこれだけで行きたいと思います。

   
 
   

   

   

   

   

   

  
[PR]
by saitamasunosuke | 2015-12-23 21:43 | Comments(0)


<< Rearthという名のウェーダー サンスイのフライなんとか?に行... >>